読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ティーンズ・エッジ・ロックンロール (実業之日本社文庫)

ティーンズ・エッジ・ロックンロール (実業之日本社文庫)

ティーンズ・エッジ・ロックンロール (実業之日本社文庫)

作家
熊谷達也
出版社
実業之日本社
発売日
2017-10-04
ISBN
9784408553849
amazonで購入する Kindle版を購入する

ティーンズ・エッジ・ロックンロール (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ソラ

音楽というよりかは地域活性化を絡めた青春小説かなという感じ。ストレスになるようなこともなくすっきりとした話でした。

2019/01/12

山下哲実

図書館本、読了!高校生の青春物語でした。面白かったけど私が今、読みたいというものでもありませんでした(-_-;)

2018/04/28

しぇん

田舎でバンドやるの大変なんだなーと。バンドの話半分、青春の話半分といった感じでしょうか。高校を跨いで活動していたバンドが解散してしまうところから始まる物語と。音楽活動したこと無い自分でも田舎でやるのは大変なんだなと、伝わってきました。話の主軸はどちらかというと個性強い先輩ヒロインとの関係だったなと。最後に震災の話を絡めてきたのはよくわからなかったけど、前を向いて進もうとしてるあたりはこの物語らしいのかなと

2017/11/03

ソラ

【再読】

2019/02/09

chi.

ある日バンドを解散した匠は、高校の軽音楽部の扉を叩く。部長である遥に一目惚れし、遥のことを知っていくなかで、匠は一つの夢を見つけた。「このまちにライブハウスをつくろう」というその夢を、地元の大人たちを巻き込みながら叶えていく青春小説。私もこの作品に出てくる大人たちのようになりたいなと思った。(早坂さん好き!)

2017/12/21

感想・レビューをもっと見る