読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三人屋 (実業之日本社文庫)

三人屋 (実業之日本社文庫)

三人屋 (実業之日本社文庫)

作家
原田ひ香
出版社
実業之日本社
発売日
2018-02-06
ISBN
9784408554075
amazonで購入する Kindle版を購入する

三人屋 (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

TLで気になってた作家さん、「飯」関連を多く書いてらっしゃるようで楽しみにしてた。確かに食べ物描写はいい。商店街の様子も楽しい。個性あふれる三人姉妹がユニーク。なのになぜか途中から飽きてきて。レコードの謎もミステリー仕立てにしたかったのかもしれないが、収束しきれていない印象。いちばんの難は、「この作家さんでなきゃ」という個性があまり感じられなかったことかな。

2019/09/18

しんごろ

兄弟、姉妹、そりゃ仲が悪いとかいろいろあるよね。夫婦、男と女もいろいろあるよね。朝日、まひる、夜月もなんだかんだで、寄りも戻って、姉妹の絆がしっかりできたから良かったね。ここに登場してくる男性諸君は情けないやら、頼りないやら…。男はこんな男ばかりではないといいたいね。でも三觜さんだけはまともに見えたかな。キャベツのぬか漬けを食べてみたいな。いつまでも、しっかり仲良く気軽に行ける「三人屋」でいてほしいね。ドラマ化したら面白いかもね。

2019/11/08

おしゃべりメガネ

ハードカバーを読んで奇しくもほぼぴったり五年ぶりに文庫にて再読です。朝は3女の喫茶店、昼は次女のうどん屋、夜は長女のスナックで営業する通称『三人屋』。三姉妹が一緒に働かないには、それなりの事実があり、その背景をそれぞれの店に通う常連客の目線から綴られています。しっかり者の次女「まひる」とドライな三女「朝日」は自由奔放な長女「夜月」に振り回され、なかなか姉妹の確執が解決しません。そんな中、ある日突然姉妹を驚かす出来事が起き、事態は思わぬ方向へ。本作を読んでいるとトーストとうどんがひたすら食べたくなります。

2021/02/11

Yunemo

なかなか凝った作りに楽しませていただきました。標題の意味も味わい深く。三姉妹のそれぞれの生き方、それぞれ流儀の食、に惹き込まれながら。人と言うのは、朝と夜とでこんなに変わるものか、という朝日の感覚。それは距離感、その距離感をつかむこと。何だかすべてのことに通じる感覚かもしれません。会社のなかで、夫婦、友人たちの間で、ということをちょっと想いながら、でもこれって、三姉妹の中の関係にも溢れてますよね。食、店主、常連客、この関係がいろいろ交錯して、自身の身近な、また縁遠いところで構成されてるな、との想いのまま。

2018/04/08

machi☺︎︎゛

朝は三女の喫茶店、昼は次女のうどん屋、夜は長女のスナック。朝、昼、晩で業態ががらりと変わる通称三人屋。そこに訪れる一癖、二癖ある常連客とのやりとり。出てくる料理も美味しそうで、とても楽しく読めた。

2019/07/23

感想・レビューをもっと見る