読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

力士探偵シャーロック山 (実業之日本社文庫)

力士探偵シャーロック山 (実業之日本社文庫)

力士探偵シャーロック山 (実業之日本社文庫)

作家
田中啓文
出版社
実業之日本社
発売日
2018-10-04
ISBN
9784408554426
amazonで購入する Kindle版を購入する

力士探偵シャーロック山 (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みゆ

本格ミステリを愛し稽古よりも事件に走る小結「斜麓山」に付き人の「輪斗山」はてんてこ舞い。と、ホームズパロディが次々繰り出されるが、ミステリ的にはちと(かなり)弱い。私としてはこの1冊でお腹いっぱいかな(^-^;

2018/11/28

タイ子

うははっ!すがすがしいほどのパロディ。さすが、落語に長けて駄洒落で笑わせる田中さん。斜麓山の相棒となれば輪斗山ときたか。相撲より謎解きが好き、稽古をする間があれば本を読む方が大事。だけど、相撲を取ればそれなりの成績を上げるから部屋にとっては大事な力士となるわけ。ホームズが手掛けた事件のパロディが面白く、何より最後の事件と言われる有名な滝壺に落ちるシーンまで再現?!やはり田中さんの面白さはあなどれませんな。

2018/10/31

かめりあうさぎ

ホームズのパロディーもの。4話収録の短編集。何度も吹き出すくらい笑いました!まずタイトルが『薄毛連盟』『まだらのまわし』『バスターミナル池の犬』『最後の事件』。そして登場人物名が斜麓山、輪斗山などなど(笑)。ホームズだけじゃなくて少しハリポタもパロったり。元ネタを知っていても推理の余地は残されているし、肩の力を抜いて読書を楽しみたい時にお薦めです。

2018/10/31

Yuki

銅煎部屋の小結・斜麓山と付き人の輪斗山という脱力もののネーミングとパロディしまくりの各章タイトルの時点で肩の力が抜ける、ホームズにさして詳しくない私にも分かりやすいパロディ。「バスターミナル池の犬」とかタイトルからして強引すぎて(笑)。でも、ミステリ部分は結構真面目。

2018/11/12

美月0217

わはは!!なんとまあ!これはシャーロックホームズを読んだことある人なら笑える~です。どうやったらこんな話が浮かぶんだろう・・とクスッ・・としながら読んでしまった。 相撲も好きなのでこの本は一気読み・・たまにうひょ~そうきたか~と笑いながら読む謎解き(笑)

2018/10/20

感想・レビューをもっと見る