読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人生は並盛で (実業之日本社文庫)

人生は並盛で (実業之日本社文庫)

人生は並盛で (実業之日本社文庫)

作家
小野寺史宜
出版社
実業之日本社
発売日
2019-02-07
ISBN
9784408554631
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

(『牛丼愛』改題)子持ちの主婦パート・恵は年下バイトとの浮気に溺れ、仕事もサボりがち。生真面目な働きぶりで店長の信頼も厚いおデブな女子大生・日和は、恵の身勝手な言動に業を煮やし、逆襲を試みるが──。従業員間のトラブル、客との交流、店長の恋……牛丼屋で交錯するちょっとワケあり人間模様をあたたかな筆致で描きだす。注目度ナンバーワン作家が贈る異色の連作群像劇! 解説・藤田香織さんも激賞!「小野寺作品の主人公たちは、どんなに激しい喜怒哀楽の感情も、やがて普通の毎日に溶かし込んで生きていく。そのいってしまえば地味な強かさを読むといつも、心の凹みかけていた部分が、パコンと戻るような気になる」

人生は並盛で (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

荒川叶

表紙がインパクト大。牛丼が食べたくなりました

2019/02/11

Mayrin

初読みの作家さんです。面白かった。最初に出てきた性格悪い人が、それ相応の結末になって良かった。第二話は、次々に主観が変わって少し読みづらかった。

2019/02/20

G軍曹

「ひと」がすごく良かったので同じ作者の本を読んでみました。3つ短編が入っています。いずれも同じ牛丼屋さんのお話。ちょっと太った女子大生のアルバイトと主婦のアルバイトをそれぞれの視点から描いたもの、牛丼屋さんの周囲の人をシームレスにつないだもの、最初の女子大生アルバイトと店長のお話の3つ。通して読むとなるほど……と思わされる内容でした。けっこう好きな本でした。

2019/03/08

あっちゃん

★☆☆☆☆

2019/03/06

感想・レビューをもっと見る