読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

モップの精は深夜に現れる (実業之日本社文庫)

モップの精は深夜に現れる (実業之日本社文庫)

モップの精は深夜に現れる (実業之日本社文庫)

作家
近藤史恵
出版社
実業之日本社
発売日
2019-02-07
ISBN
9784408554648
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

謎解きの鍵は、ゴミ箱の中に!? 大介と結婚し派遣で清掃の仕事をしているキリコ。オフィス清掃をしていたある夜、シュレッダーのゴミの量が妙に少ないことに気付くが……(「悪い芽」)。おしゃれでキュートで、お掃除が大好きなキリコが事件を解決する大人気ミステリー〈清掃人探偵〉シリーズ第2弾。最終話ではキリコが突然消えて……!? 読めば元気がわいてくる4つの物語。

モップの精は深夜に現れる (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひかり

今回の犯人?達はちょっと懲らしめてやろうと言う気持ちが最悪の結果を生んだり、自分勝手に行動する人達ばかりで読んでいて嫌な気持ちになった。特にオーバーザレインボウのあの人。けどそこに生きる教訓がある気がする。ストーリーは全作に引き続き面白かった🎀仕事も家事も介護もうまく両立するキリコは素敵✨解説の『15年前に書かれた本だけどそうは感じさせない 今も変わらずセクハラ パワハラの問題がある』と言うような言葉に考えさせられた。

2019/03/08

じゅん

2019年20冊目。 元気をもらいたくて読んでみた。前作と同じようにキリコちゃんに救われる人がいてよかった。「鍵のない扉」が好き。

2019/03/08

源氏星

シリーズの第二弾。前作より更におもしろかった。4篇からなるが、前作と違って場面が(そしてもちろん登場人物も)すべて異なる。

2019/02/17

くろねこ

色々あるけど、読後感はすっきり。

2019/02/11

感想・レビューをもっと見る