読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

モップの精は深夜に現れる (実業之日本社文庫)

モップの精は深夜に現れる (実業之日本社文庫)

モップの精は深夜に現れる (実業之日本社文庫)

作家
近藤史恵
出版社
実業之日本社
発売日
2019-02-07
ISBN
9784408554648
amazonで購入する Kindle版を購入する

モップの精は深夜に現れる (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

黒柴アーモンド 豆もん部長

キリコちゃんにはずっと笑顔でいて欲しい。ダイスケ、キリコちゃんの笑顔を守って。

2019/05/15

ひかり

今回の犯人?達はちょっと懲らしめてやろうと言う気持ちが最悪の結果を生んだり、自分勝手に行動する人達ばかりで読んでいて嫌な気持ちになった。特にオーバーザレインボウのあの人。けどそこに生きる教訓がある気がする。ストーリーは全作に引き続き面白かった🎀仕事も家事も介護もうまく両立するキリコは素敵✨解説の『15年前に書かれた本だけどそうは感じさせない 今も変わらずセクハラ パワハラの問題がある』と言うような言葉に考えさせられた。

2019/03/08

KAN

やはり、このシリーズは読みやすい。

2019/06/30

しーさん

清掃人探偵・キリコシリーズ第二弾。キリコと大介が結婚したことに大騒ぎになる後日談がなくて、ちょっと残念。今回は派遣先でのお話3編と、キリコと大介のお話1編。お話は一件落着でスッキリしたけど、今まさに私を取り巻く状況が出てきて、私の中にはいろいろモヤモヤが残ってしまった。

2019/05/25

ボトム

清掃人探偵キリコシリーズの2作目。清掃を通じて不審な点に気づき問題を解決するのは変わらないが、今回は派遣清掃員としてさまざまなオフィスに行き問題ごときれいにしていく。一応前作と繋がっているので刊行順で読んだほうがより面白いかもしれない。

2020/03/24

感想・レビューをもっと見る