読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

密告はうたう 警視庁監察ファイル (実業之日本社文庫)

密告はうたう 警視庁監察ファイル (実業之日本社文庫)

密告はうたう 警視庁監察ファイル (実業之日本社文庫)

作家
伊兼源太郎
出版社
実業之日本社
発売日
2019-04-05
ISBN
9784408554709
amazonで購入する Kindle版を購入する

密告はうたう 警視庁監察ファイル (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

監察官という身内の不祥事を嗅ぎまわる警察内の嫌われ者を主人公にした警察もの…後輩を目の前で殺された元捜査一課刑事・佐良は人事一課に移動し、後輩の婚約者で女性警察官・皆口の監察を命じられるが、未解決の殺人事件と絡み合う複雑な人間関係が見える…多少の読み難さはあるが「大人の警察ドラマ」の匂いが漂っていて好み。佐良と皆口のキャラが立っていて、脇役たちもイイ味を出しているが、肝心の上司二人が似通っている印象なのが唯一の残念な点。それでも他作品と同様に高品質で、もっと多くの人に知られるべき作家さんだと改めて思った。

2020/12/02

みどどどーーーん(みどり虫)

読み友さんのレビューで気になってから読もう読もうと思いつつ、ようやくこれが初読みの伊兼さん。WOWOWのドラマ「密告はうたう」が久々に観た骨太な警察もので、とても面白かったからその原作を。ドラマは原作にかなり忠実に作られていたんだなぁ。TOKIOの松岡くんが、泉里香が、仲村トオルが、三浦誠己が、脳内で再現してくれてスルスルと読了。やっぱり面白い。ワクワクさせられちゃうほどの心理戦、ドラマで結末もわかってるのに改めて楽しめた。伊兼さんを教えてくれた読み友さん、本当にありがとう!追います。まずはこの続編を!

2021/10/05

タイ子

2作目を先に読んでしまったので、分かってしまった部分もありちょっと後悔。警視庁監察係、佐良へ命じられたのは元同僚の皆口の監察。彼女が不正をしているとの密告が届いたと言う。上司の須賀とともに彼女の尾行が続く。その中で過去の2つの未解決事件に関わる不審な人物や出来事が起こり始める。さて、ここからちょっとこの作品が複雑な気配が。3つの事件それぞれに人物の思惑が交錯し、予想外の展開で結末に達する。いやぁ、この警察内部の足の引っ張り合いはぶざまです。終盤、佐良が黒幕を殴るシーンはスカッ!とする。彼らの矜持に拍手!

2021/07/07

aquamarine

同じ警察職員の行動確認をし不正を取り締まる部署警視庁人事一課監察係。捜査一課から異動してきた佐良が、密告により元部下・皆口の行動確認をすることになる。同じ警察官を尾行したり会う人物を探ったり、疑いの目で見て追いかける…まして彼らは佐良の同僚であり皆口の婚約者だった斎藤を殉死させたという未解決事件の傷を抱えているのだ。彼らの押し殺すような感情と行動を息を詰めるようにして見守った。地味かと思ったが、ラストの展開はページをめくる手が止まらなかった。まさしく「警察」の物語。人事が変わりそうなシリーズの先にも期待。

2021/08/01

ずっきーーーん

『地検のS』の伊兼氏による監察物三部作(?)の1。読み友さんたちの高評価に間違いはなかった。このジャンルが好きってのも大きい。警察小説好きは多いし、もっと知られてもいいんじゃないかと思う一方で、エンタメとしては起伏に乏しく、筆致がくどいと感じてしまう。その辺りが『地検のS』は面白かったにもかかわらず、続編になかなか手が伸びない理由かもしれない。読めばやっぱ面白いんだよね。とっととシリーズ2へ。

2021/10/18

感想・レビューをもっと見る