読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悪母 (実業之日本社文庫)

悪母 (実業之日本社文庫)

悪母 (実業之日本社文庫)

作家
春口裕子
出版社
実業之日本社
発売日
2019-06-06
ISBN
9784408554853
amazonで購入する Kindle版を購入する

悪母 (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Miyuki Usa

確固たる自分を持つことって大事だなと感じた。子供は親のことよく見てるから。我が子人質ゆえ、対ママ友や学校では長いものに巻かれるのも、ある程度やむを得ず、葛藤や嫌な思いも避けられないのだけれど…。悪口はねぇ…言ってる場に居合わせたならきっとどこかで自分も言われているから、極力言わない聞かない流す…分かっちゃいても子供が絡むとままならないのよねぇ。主張し過ぎず、流され過ぎず、けれど関係性は保ちつつ…。受験の繰り上げのシーン、身の毛がよだった…悪母というより、人として非道。ママ付き合いの嫌な面の凝縮版。

2020/07/24

JKD

小さな子を持つママ友LINEグループに参加している奈江は集団という塊になかなか切り込めず、会話も微妙に噛み合わないこともあり、ただ卑屈になり不安と不満だけが鬱積していく。やがて些細な発言が地雷となり、ぐちゃぐちゃドロドロ関係に発展。ママ友バトルに出てくる不快な責め言葉はリアル。恐るべしママ友コミュニティ。

2019/06/16

みどくん

単行本で読んでいたことを忘れて買ってしまいました~なので…再読。 内容をすっかり忘れていたけれど…サラサラ読めます。 が…まわりが気になり自分と子供のことしか頭にない。 なのに…仲間はずれはイヤ!~ママ友の付き合いって…ホントに大変なのですね。

2020/08/31

Kazuko Ohta

「ママ友が、怖い」などという帯の惹き文句に釣られ、嬉々として読み始める自分が嫌だ(笑)。最初の嫌がらせがえげつなすぎて、その先に期待(?)したものの、真梨幸子の仕打ちのほうがよほどえぐいんじゃなかろうかと思えるレベル。それだけに、こんなことは結構ありそうで恐ろしい。ストレスが溜まるばかりの関係の中で描かれる登場人物たち。誰も好きになれません。親同士の関係に左右されることなく無邪気に遊ぶ子どもたちを見れば安心するけれど、いずれ子どもにまで影響が及ぶことは必至。それにしても男性の影が薄すぎる。何しとるねん!?

2019/06/21

Ririko

ママ友グループを描いたイヤミス。主人公 奈江の視点で語られ、娘 真央の成長とともに周りを取り巻くママ友たちも変わっていくけど、どの年代にも嫌な人はいるものなのね…。みんな自分のこどもを必死で育ててるだけなんだろうけど、どこかで歯車が狂って行き過ぎた行動になっちゃうのかな。嫌なキャラばかり出てくるのに続きが気になって読んでしまった。4章「難転」が個人的に一番面倒なママ友だな〜。

2020/04/07

感想・レビューをもっと見る