読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

筒井漫画瀆本ふたたび (実業之日本社文庫)

筒井漫画瀆本ふたたび (実業之日本社文庫)

筒井漫画瀆本ふたたび (実業之日本社文庫)

作家
筒井康隆
高橋葉介
明智 抄
いがらしみきお
伊藤 伸平
折原みと
雷門 獅篭
菊池 直恵
鈴木みそ
大地 丙太郎
田亀源五郎
竹本健治
萩原玲二
畑中純
みずしな孝之
Moo.念平
山浦章
出版社
実業之日本社
発売日
2019-10-04
ISBN
9784408555478
amazonで購入する Kindle版を購入する

筒井漫画瀆本ふたたび (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keroppi

こちらは未読のものが多かった。原作は、もちろん読んでるが。筒井さんの世界を、それぞれの作家が、それぞれに漫画化している。なかなかこういう漫画には出会えない。筒井さんの短編、読みたくなってきたなぁ。

2019/10/31

鱒子

第2巻。高橋葉介氏の美しきグロ、菊池直江さんの鉄道がらみ、ゲイ界の巨匠 田亀源五郎氏の舎弟愛など、この人にコレを描いてもらって嬉しい♫という布陣の作家さん達です。 しかしなんと言っても見どころは、筒井御大直筆の漫画。特に蛭子能収さんが1巻で描いたのと同じ作品を、ご自身で漫画化するとは(笑 よっぽど蛭子作品に納得出来なかったんでしょうか?。筒井さん、1巻目の頃より漫画が上手になられています。

2019/11/08

コットン

筒井康隆作品のコミカライズ本で16人の絵柄が楽しめる。そして、自身もコミックを(そう言えば題名は忘れたが、単行本で神戸の事などと共にコミックも書かれていたなぁ!)。16人の中には作家の竹本健治も。

2020/03/21

Vakira

この本 筒井康隆さんのオリジナル漫画が3作も読めます。SF&不条理&シュール。ヘタウマ気味ですが味があります。その才能、漫画家としても素晴らしい。その他の収穫 「ぼのぼの」で有名ないがらしみきおさん 画風を変えて少年日記。見れて嬉しい。これで終わり?残念。もっと読みたい。再企画してくんないかなぁ~

2019/10/09

Tomomi Yazaki

これは筒井康隆の小説を、16人の漫画家がそれぞれの解釈で漫画にしたもの。面白い。面白いけど、何か違う。小説で読んだ物語と内容は同じだけど、漫画にすると、絵という禍々しい媒体を通し、想像したものと全く違うものになる。この状況をどう評価していいのか当惑してしまう。どこからが夢で、どこからが現実か。その狭間の恐怖におののく。そして理解した。深く考えちゃ駄目。狂気の沙汰を楽しみましょう。それにしても文庫化のおかげで、字が極端に小さく、読むのにほとほと苦労する。やはり筒井文学は小説に限る。

2019/11/04

感想・レビューをもっと見る