読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

好色入道 (実業之日本社文庫)

好色入道 (実業之日本社文庫)

好色入道 (実業之日本社文庫)

作家
花房観音
出版社
実業之日本社
発売日
2019-12-05
ISBN
9784408555577
amazonで購入する Kindle版を購入する

好色入道 (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ロマンチッカーnao

独特の雰囲気、歴史的な地位を保ち、世界的な観光地でもあり、東京に対して憧れを持たず、逆に上から見ることが出来る唯一の街、京都。その京都の市長選に、京都の改革を掲げる東京からの出馬者が現れ、それを潰す有力者たち。その中心人物、好色坊主の秀建。とにかく、この坊主のキャラがえげつない。政策や理想で真正面から戦うことなど一切せずに、すべて色仕掛けで敵対者を潰していく。しかし、その底には、この世は地獄。その地獄を知らぬものが、理想を掲げても、底辺に暮らす者たちは、逆に苦しむことになる。その信念が怖い。面白かった。

2021/01/24

桜もち 太郎

「世の中の決まり事を超えた肉の欲望が交わる姿」、そうだこれが人間の正体なのだ。魑魅魍魎とした京都の裏の世界に生きる人間たちと、エリートで正義感いっぱいな人間が京都市長選を通して何が正しいのかを問い続ける。薄っぺらな正義を振りかざす各務原と底辺から這い上がり欲望のままに生きる秀建、どちらが魅力があるのかは言うまでもない。「何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」、室町時代の唄だ。一生は夢、ただ狂ってしまえ、夢のような唄だ。欲望のままに生きることは、悪なのではないということを教えてくれた一冊だった。

2021/03/27

修吉

正義の対義語は悪では無く、違う正義。そんな物語です。おもしろい。観音さんの日本海の描き方は秀逸。秀健の実家、日本海の寂れた漁村、に訪れる件が良かった。これは官能小説とかエロス小説ではないね、かといって一般小説としては筆致に力強さと言うか厚みが足らないかな…★★★☆☆

2022/02/03

Katsuto Yoshinaga

「何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」と、室町時代の閑吟集に謡われた京都を、花房観音氏は官能小説として描く。私は数年間京都で過ごし、その後、仕事でも余暇でも多少行き来していた。本作で描かれる政と性について思い返すと、京都なんちゃら山と評される保守が厳然とありつつ何故だか革新だったり、大阪とも東京とも異なるクラブと風俗の雰囲気や形態があった。本作で描かれているように、京都はたしかに何か違う「感じ」がある。その違和感の結論として、本作は巧いし、面白い。(コメに続く)

2021/01/24

コキア

花房観音女史の新作、 タイトルが何かあからさまだなー。ページを1枚めくったら〝団鬼六に捧ぐ〟に納得。 今回のは女性が書いた小説ぽくない。団鬼六+花房節の合作という感じ。 欲望を剥き出しにされた女のその後が深い、 だから毎回、花房観音さんの本は新刊出ると買っちゃうんですよね

2020/01/29

感想・レビューをもっと見る