読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

文豪宮本武蔵 (実業之日本社文庫)

文豪宮本武蔵 (実業之日本社文庫)

文豪宮本武蔵 (実業之日本社文庫)

作家
田中啓文
出版社
実業之日本社
発売日
2020-06-05
ISBN
9784408555966
amazonで購入する Kindle版を購入する

文豪宮本武蔵 (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タイ子

剣豪宮本武蔵が、文豪に?!これは田中さんでしか書けない小説かも。冒頭から小次郎との巌流島決戦の話になって、武蔵物語に入っていくもある事から突然250年の時を超えて明治時代にタイムスリップ。見たこともない世界にとまどう武蔵の前に現れた最初の女性が樋口一葉。人力車で生計を立てながら一葉の小説に惹かれ、小説を書きたいと夢は膨らむ。明治の文豪たちが数々登場で彼らの史実通りのエピソードを挿入しているので面白い。剣よりペンを選んだ武蔵の小説は?納まるところに納まるのが気持ちいい。小説家のご苦労をお察しいたします。

2020/06/25

マッちゃま

さすがベテラン上手いなぁ〜と満足して読了。帯に書かれた「爆笑必死!痛快時代エンタメこの面白さ天下無双!これが真の二刀流‼︎剣豪が時を超えて文豪に転職⁉︎」に偽り無しでした。剣豪 宮本武蔵がタイムスリップして明治の東京へ。樋口一葉、正岡子規、夏目漱石らと知り合う。200年後の世界に戸惑いながらも順応し生きる武蔵。周りに助けられ、たくさんの出会い(楽しいものもあれば不愉快な連中とも)が武蔵の血肉となり小説を書き上げていく。読み終えてホロリくすりウヒヒなのです。強さだけを追い求めた剣豪 の成長譚でもあるのかな。

2021/01/13

Norico

宮本武蔵が佐々木小次郎の力で未来に飛ばされ、文豪になる。という破天荒な面白さ。人力車ひいたり、野球したり、かとおもえば、宗教や女性の社会進出の問題に対峙したりと大忙し。正岡子規、森鴎外に夏目金之助も大絶賛の宮本ひさし先生の作品も読んでみたいなぁ

2020/07/23

きょん

宮本武蔵が明治にタイムスリップして大活躍。樋口一葉や森鴎外、夏目漱石、正岡子規と文豪たちが登場してくるのも楽しかった。

2020/06/16

小梅さん。

武蔵のキャラが最高! まっすぐで素直で一本気。 タイムスリップものとは知らなかったのでびっくりしたけど、武蔵が柔軟に順応していて素晴しい。 そこで出会う明治の文豪たち。 樋口一葉や正岡子規をはじめなんともぜいたく。 武蔵は宗教に対してもフラットに受け入れている。 帝大剣術同好会の傲慢で卑劣な様とは大違い。 もう、あいつら、どうしてくれようって思いながら読んでいたし。 人力車夫としての活躍もかっこいい。 自由な想像力、発想力で小説まで書き上げる武蔵は本当に素晴しい。 あぁ、武蔵の書いた小説が読んでみたい。

2020/06/17

感想・レビューをもっと見る