読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

総理の夫 First Gentleman 新版 (実業之日本社文庫)

総理の夫 First Gentleman 新版 (実業之日本社文庫)

総理の夫 First Gentleman 新版 (実業之日本社文庫)

作家
原田マハ
出版社
実業之日本社
発売日
2020-11-02
ISBN
9784408556284
amazonで購入する Kindle版を購入する

「総理の夫 First Gentleman 新版 (実業之日本社文庫)」のおすすめレビュー

【田中圭・中谷美紀W主演映画化】史上初の女性総理&ファーストジェントルマン誕生! その時歴史はどう動く?

『総理の夫』(原田マハ/実業之日本社)

 台湾の蔡英文総統、ドイツのメルケル首相、ニュージーランドのアーダン首相、ノルウェーのソルベルグ首相…。新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、迅速な対応や政治手腕で世界各国の女性政治家たちに注目が集まった。彼女たちの活躍をみていると、「それに比べて日本は…」と思ってしまう人も少なくはないことだろう。どうして日本では女性総理が誕生しないのか。どうして日本の政治家は頼りなくみえてしまうのか。

 原田マハ氏の『総理の夫』(実業之日本社)は、20XX年、日本で歴史上初めて女性総理大臣となった女性政治家の姿を夫の視点で描き出した物語だ。累計発行部数20万部突破、2021年秋には田中圭・中谷美紀W主演で映画が公開される予定の話題作だ。

 主人公は、鳥類学者・相馬日和。彼の妻、相馬凛子は42歳の若さで第111代総理大臣に選出された。日和は妻の奮闘の日々を、後世に遺すべく日記に綴る。税制、原発、社会福祉。混迷の状況下、相馬内閣は高く支持されるのだが…。

 この本を読めば、誰だって「こんな総理大臣がはやく誕生してほしい」と思う…

2020/12/6

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

総理の夫 First Gentleman 新版 (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ponpon

初の女性総理となった凛子と、夫で鳥類学者の日和の物語。最初はプライベートが制限される生活に不満を述べたり、軽率な言動も目立つが、やがて凛子を支え二人三脚で歩み始める。凛子自身も信念に忠実にリーダーシップを発揮し、爽快で読んで楽しい物語になっている。だが現実だったら、国民の熱狂のもと政策を実現していく状況は、国民が正しい選択をしているか怪しくて怖い。まあ小政党の寄せ集めは、徐々に不一致が露呈し長続きはしないとは思う。明らかにモデルが想像できる原代議士の凋落は憐れだが自業自得。500頁弱が気にならない面白さ。

2021/05/05

kou

女性蔑視発言で騒がれている最中に読んだので、いろいろ考えながら読むことになった。最初の方で日和が言った「君は総理になった。これは必然だ。しかし、君は男性ではなかった。これは偶然だ。そうだろう?」のセリフに心を鷲掴みにされ、一気に読んでしまった。このコロナの時代に、相馬凛子が総理大臣だったなら、どんな日本になっていたのだろう?短編でも良いので読んでみたい。

2021/02/18

ゆうき

こんな総理がいてくれたらなあ。国民一人ひとりの苦しみに寄り添い、自分を犠牲にしてでも本気で日本を変えようとしてくれる政治家。今はまだいない気がします。そしてそれを支える日和クンもまた素敵。天然だし抜けているけど、いつもまっすぐに凛子を応援する彼は、彼女にとってなくてはならない存在なんだろうなあ。なんだかとってもいい夫婦!!スピーチという言葉が出てきた時から久美さんまだかしらと思っていたけど、やっぱり登場してくれて嬉しい✨政治の話は難しくて敬遠しがちだけど、原田マハ作品で楽しく勉強させてもらっています。

2021/04/12

Shoji

とても痛快な物語であった。相馬凛子首相は初の女性総理。支える夫と二人が主人公。二人とも実にいい仕事をやって見せます。凛子首相が瀕死状態の日本をどう立て直すか、虎視眈々と政権の座を狙う野党との応報。総理の座を狙うものは身内にもいた。彼らとの痛快なバトル。毎日毎日が戦い。そして何より「総理の夫」。学者である故に、ある意味世間知らず。しかし、彼は奮闘します。愛する妻のため、そう「愛する」妻のためです。爽快でした。リアルに凛子首相の登場を待ちわびて止みません。

2020/12/25

やな

話は面白かったが、所々イラッとしながら読了。

2021/01/24

感想・レビューをもっと見る