読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

猫は神さまの贈り物〈エッセイ編〉 (実業之日本社文庫)

猫は神さまの贈り物〈エッセイ編〉 (実業之日本社文庫)

猫は神さまの贈り物〈エッセイ編〉 (実業之日本社文庫)

作家
奥野信太郎
木村荘八
寺田寅彦
大佛次郎
豊島与志雄
白石 冬美
長部 日出雄
熊井 明子
夏目漱石
中村 眞一郎
柳田國男
山崎朋子
黒田 亮
島津 久基
谷崎潤一郎
吉行淳之介
出版社
実業之日本社
発売日
2020-12-04
ISBN
9784408556390
amazonで購入する Kindle版を購入する

猫は神さまの贈り物〈エッセイ編〉 (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

本日の猫本第二弾は、文豪から現代の作家までの猫に纏わるエッセイ集です。オススメは、吉行 淳之介の『モテる系統のネコ』&熊井 明子の『私の猫がいない日々』だにゃあ (=^・・^=) 角田 光代の解説もGOODでした。続いて近日中に小説編を読みます。https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-55639-0

2021/02/22

山田

文豪・学者・DJなどなど、様々な方の猫にまつわるエッセイ本。 「我が輩は猫である」の夏目先生は意外にも飼い猫に興味が薄かったようで…でも、猫の死を通して妻や子供達の喜怒哀楽の描写を読むと、父親と作家の両方の顔がうかがえる。 猫であれ何であれ、ペットのいる生活に憧れてしまう。

2021/01/24

yayoi

図書館本。書架でたまたま見かけて手に取った本。やや古い時代の話が多いけれど、猫好きな人はどの時代でも、猫の自由気ままな所が可愛くて仕方ないんだろうなと感じる。猫との日常生活を描いているものが多いなか、柳田國男の収録話は猫にまつわる伝説等の紹介でしたがこれも面白かったです。

2021/04/25

感想・レビューをもっと見る