読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

5時過ぎランチ (実業之日本社文庫)

5時過ぎランチ (実業之日本社文庫)

5時過ぎランチ (実業之日本社文庫)

作家
羽田圭介
出版社
実業之日本社
発売日
2021-10-07
ISBN
9784408556987
amazonで購入する Kindle版を購入する

5時過ぎランチ (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミキベル

ちょっと合わなかったなぁ。タイトルからご飯が多くが出てくるかと思ったけど食の話はメインではなかった。車の女性整備士、殺し屋、週刊誌の記者が主人公の3つの仕事の話。なんだか不思議キャラな羽田さんらしい話とも言えるのかも。短編集なのでサクサク読めると思ったら思いのほか時間がかかってしまった。3人が仕事にプライドを持っていたのは好感。

2021/12/15

こうめい

どんなに時代が進んでも、効率の悪い仕事の必要性はなくならない。「誰が為の昼食」(P.213)

2022/08/24

こばゆみ

何かしら「食」に関する短編が3話。でも「食」はおまけで、どれもお仕事小説のような感じ。最初のガソリンスタンドの話は車好きの人にとってはたまらないのでは!?ってくらい、車関係のワードがたくさん。個人的に真ん中のアレルギーの話が一番良かった(^^) というか、アレルギーの話が一番身近(笑)。

2021/11/10

陽ちゃん

ランチに纏わる話かと思ったら、仕事でランチが5時過ぎになっちゃうハードなお仕事の話が3編。いずれもブラックでは?という感じですが、彼ら自身はそれも含めて「仕事」として受け止めているんでしょうね。

2022/01/10

okame

短編3篇。帯にあった「それは夕食なのでは?」のツッコミに惹かれて手に取るが、ランチではなく、仕事がメインの小説でした。そしてゆるく3篇は繋がっている。理由は人それぞれだけど、3篇の主人公ともに共通するのは仕事に没頭してランチを食べ損ねていること、そしてなかなかブラックな環境だけれど、仕事にプライドを持っていることかな。自分にはできそうにないので、すごいと思う。どの職業も馴染みのないもので新鮮でした。特に好きなのは「誰が為の昼食」

2021/12/21

感想・レビューをもっと見る