読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

惑 まどう (実業之日本社文庫)

惑 まどう (実業之日本社文庫)

惑 まどう (実業之日本社文庫)

作家
アミの会(仮)
大崎梢
加納朋子
今野敏
永嶋恵美
法月綸太郎
松尾由美
光原百合
矢崎 存美
出版社
実業之日本社
発売日
2022-02-04
ISBN
9784408557175
amazonで購入する Kindle版を購入する

惑 まどう (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タイ子

アミの会(仮)アンソロジー。「迷」の次に「惑」どう違う?迷惑って言葉があるしな。とか考えながらの読書。加納さん「砂糖壺は空っぽ」は思い込みと同時に起こる切なさと主人公の一歩の踏み出しが好き。本作で思いがけずに出会った今野さんの竜崎署長(当時)の妻・冴子のスピンオフ。ある事件から冴子がデジャブを感じ娘と息子を巻き込んで調べ始める(家の中だけで)。竜崎夫妻の面白さを味わえる作品。童話や昔話を変形させたミステリ「ヘンゼルと魔女」が不気味だけど面白い!今回もアミの会を大いに堪能!

2022/04/21

ひさか

大崎梢:かもしれない、加納朋子:砂糖壺は空っぽ、松尾由美:惑星Xからの侵略、法月綸太郎:迷探偵誕生、光原百合:ヘンゼルと魔女/赤い椀/喫茶マヨイガ、矢崎存美:最後の望み、永嶋恵美:太陽と月が星になる、今野敏:内助の8つの短編とあとがき:大崎 梢の書き下ろしを2017年7月新潮社刊。アミの会シリーズ4作目。2022年2月実業之日本社文庫化。今野さんが楽しくて良い。加納さん、松尾さんの話が抒情的で心に残る。全編ハイレベルだ。

2022/06/14

ピロ麻呂

色々なテイストが味わえるアンソロジーでした🌠

2022/02/25

小夜風

【所蔵】アミの会(仮)のアンソロジー「迷 まよう」の姉妹編、「惑 まどう」。「迷」と「惑」で「迷惑」なのか。今回もとても面白かった。今回冒頭から大好きな絵本「りんごかもしれない」が出てきてビックリ。この絵本、大人が読んで真剣にあれこれ考えるのも有りなんだなぁと。他の作品もどれも短いながらも読み応えがあってとても楽しめた。文字通り主人公が惑う話だったり、読み手が惑わされたり、惑星の話だったり、漢字ひとつからいろんな話が紡がれるのが素敵だなって思った。今回は生き方そのものを考えさせられる話が多かった気がする。

2022/04/30

yuu*

【039】「迷」に続いてアミの会(仮)アンソロジー。加納朋子さんはカーテンコール!で既読、今野敏さんは隠蔽捜査の一部かな?と思ったけど未読の話だった。途中であまり好みでない話もあったかな。好きなのは大崎さんと今野さん。永嶋さんは初読みで意外と面白いと思ったので他の作品も読んでみたいと思う。

2022/04/01

感想・レビューをもっと見る