読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ねこねこ日本史 (コンペイトウ書房)

ねこねこ日本史 (コンペイトウ書房)

ねこねこ日本史 (コンペイトウ書房)

作家
そにしけんじ
出版社
実業之日本社
発売日
2014-08-07
ISBN
9784408612904
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ねこねこ日本史 (コンペイトウ書房)」のおすすめレビュー

『ONE PIECE』に迫る勢い!  女子小学生が夢中の漫画『ねこねこ日本史』は、卑弥呼も坂本龍馬もみんな猫! 2020年2月に映画も公開

子どもに大人気の沖田総司(2017年に実施された「ねこねこ日本史キャラクター総選挙」1位)

 史実の人物を猫に見立てて歴史を語る、100万部突破の4コマ漫画シリーズ『ねこねこ日本史』(そにしけんじ/実業之日本社)。NHK Eテレでアニメ版も放送されるなか、2020年2月22日(猫の日)に映画化の決まった同作は、約600人の児童を対象にしたビデオリサーチの調査によると小学生の女子は約6割、男子は約5割が知っていて好感度も極めて高いという人気作。

 約300人を対象に行った『月刊ポピー6年生版』の「好きなマンガ・アニメ」アンケートでも1位『名探偵コナン』、2位『ドラえもん』、3位『ONE PIECE』というビッグタイトルに次いで4位が『ねこねこ日本史』。

 大人は知らない隠れた人気の本作はタイトルどおり日本史を「ねこ」に変換した4コマ漫画形式の作品で、登場する歴史上の人物は全員、猫。卑弥呼も織田信長も坂本龍馬もみんな猫。ひなたで太陽にあたっていると戦の最中でも寝ちゃうし、城を攻めるときは爪をたててバリバリかくし、と猫ならではのコミカルな描写に笑わされる一…

2019/12/13

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「ねこねこ日本史 (コンペイトウ書房)」の関連記事

ねこの日に映画公開! 小学生から大人まで熱狂する『ねこねこ日本史』の魅力とは? そにしけんじインタビュー

 2月22日、にゃんにゃんにゃんの日に映画化されることが決まった『ねこねこ日本史』。歴史上の人物を猫に見立てて歴史を語る、100万部突破の4コマ漫画シリーズで、2016年からEテレで放送されているアニメは、小学生に大人気! 『月刊ポピー6年生版』の「好きなマンガ・アニメ」アンケートでは、『名探偵コナン』『ドラえもん』『ONE PIECE』に続く4位を獲得している。ゆるくてかわいくて、でも意外と史実に添っていて勉強にもなる本作は、どのように生まれたのか。原作者・そにしけんじさんにうかがった。

■“偉人たち”דいい加減”!? 猫と親和性のある歴史の描き方

2月22日(土)公開映画『ねこねこ日本史 龍馬のはちゃめちゃタイムトラベルぜよ!』

――そもそもなぜ、猫で日本史を描こうと思ったんですか?

そにしけんじ(以下、そにし) 子供のころから歴史モノが好きで、NHKの大河ドラマや『水戸黄門』『遠山の金さん』といった時代劇をよく観ていて、受験のときも学習マンガを読んで勉強していたんですよね。ただ、学習マンガって使われる単語が意外と難しいじゃないですか。もっと小さな…

2020/1/25

全文を読む

関連記事をもっと見る

ねこねこ日本史 (コンペイトウ書房) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あん

卑弥呼の呪術が猫じゃらしだったり、聖徳太子が法隆寺で爪研ぎしたり、猫の習性を知りつくした猫好きの人なら、間違いなくツボにはまります。ただし、漫画部分だけで勉強になるかどうかは少し疑問です(笑)章の変わり目にある「ためになる(かもしれない)かいせつ」を読むと理解が深まりますよ。

2017/08/27

kumicom

全編超ゆるゆる。今年一番のゆる本でした。猫の猫による猫のための歴史。歴史上の大事件も、猫にかかるとこんなにのんびり平和になってしまうのか〜。最初の卑弥呼のところで心を奪われました。実は新撰組に全く興味を持てなくて、何度読んでも聞いても理解不能だったんだけど、これ読んで改めて内容を知ってみたいって思えたかも。歴史嫌いだけど猫好きな方は、とっかかりにぜひ!外国猫たちもCUTE!

2014/12/15

あかは

ねこあるあるをからめた日本史四コママンガ。ちゃんと解説でフォローしているけれど、もとネタを知っていた方が楽しめる、猫好きのための日本史マンガ。個人的には秀吉がちゃんと猿で出てくるのが好き。信長猫と意志疎通不可能だったけど。アニメの方が突っ込みが楽しいけれど。

2017/06/03

日本史を人物列伝形式の四コマ漫画で。ただし出て来るのは全て猫。平和な内容である。学生が読むと多少役に立つかも知れない。史上の事件に猫ならではのギャグが絡む。いかにも近頃らしい緩い内容。とても可愛らしい絵である。一番可愛かったのは足利尊氏。台詞を言わないのが良い。ラストの坂本龍馬の八策も良い。おまけに『ねこねこ世界史』が付いているが、ラフに描かれたこちらが割と好きだった。実際の猫よりも漫画に出て来る猫が好きな私には絵柄に満足させられた。

2014/10/14

葵@晴読雨読

なんともユルい日本史本。登場人物が、ほぼ全員ねこ(時々いぬも)サラッと読めます。

2015/08/19

感想・レビューをもっと見る