読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

シュルレアリスムと絵画

シュルレアリスムと絵画

シュルレアリスムと絵画

作家
アンドレ・ブルトン
滝口 修造
Andr´e Breton
巌谷 国士
大岡 信
宮川 淳
粟津則雄
松浦寿輝
出版社
人文書院
発売日
1997-05
ISBN
9784409100042
amazonで購入する

シュルレアリスムと絵画 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ULTRA LUCKY SEVEN

やっぱ文学者だなー。ミロとピカソのところは全然わかってない人、という感じ。

2012/02/29

親橋白金(実は加藤國康)

「シュルレアリスムは必然的にシュルラシオナリスム」(p.309)につきる一書。「欲望の沈殿物」。「倒錯の愛撫」。「玩具も私たちとともに成長する」。といったブルトンの脳髄に触れるたびに私の脳髄は苛烈に発火する。「現実の感覚を称揚する」。とにかく「美は痙攣的であろう、それ以外にはないだろう。」(p.196)ということにつきるのだ。

2008/01/11

感想・レビューをもっと見る