読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

全ロック史

全ロック史

全ロック史

作家
西崎憲
出版社
人文書院
発売日
2019-02-21
ISBN
9784409100417
amazonで購入する

全ロック史 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヘラジカ

ロックについては何も知らないと思い込んでいたが、想像以上に聞き覚えのあるミュージシャンが多くて驚いた。学生時代にドアーズ「ハートに火をつけて」のCDを買ったことがあるくらいで、音楽自体にあまり熱意と興味がなかったにも拘らずである。それだけロックが日常や文化に馴染んでいるということだろう。様々なバンドと人物を知ることができて大変楽しい読書だった。文学とロックに密接な繋がりがあるというのが興味深い(ヴォネガット、ブルガーコフ、ハクスリー、それになんとギャリコまで!)。そのテーマだけでも一冊の本が書けそうだ。

2019/02/23

きっち

著者名をみたときは、翻訳家の西村憲とは同姓同名に違いない思ったのだが、きっちり同じ人だった。また、やけにかたい版元から出しているなあ(笑)。普段、ECM系のジャズと、いわゆるアメリカーナしか聴いてないようなわたしが読んで面白いのかなと思ったが、そこそこ面白かった。著者が楽しんで書いている感じも伝わってくる。しかし、80年代以降の記述にはほとんど興味がもてないな、やはり。ちょうどジョン・レノンが亡くなったあたりで、わたしの嗜好がロックから離れたことが、この本を読んでよくわかった。

2019/03/06

げんなり

自分の音楽の趣味が非常に偏っていることには鼻から承知で、だからせめて近隣のジャンルをできるだけ開拓するようにはしている。でもまあ、これだけ広大なロックの荒野、知らないバンドが山ほどあって、聴いたことないアルバムが星の数、砂漠の砂を数えるようだなんて陳腐な喩えに顔がにやける。最も気軽に未知と親しむ事ができる点が音楽のいいとこだと思っているので、そのガイドのように使える本。1点不満があるとしたら、ロニー・ジェイムズ・ディオの名前が無かったところ。モトリーのとこで爆笑。

2019/02/28

1959のコールマン

☆5。ただ、最後まで一通り読んだ印象としては、ちょっと不満、というところか。ロック史を書くに当たって、シリアス・ミュージックだけでなく、別分野(例えば中南米)のポピュラー・ミュージックの研究も読んでみた方が視野が広がると思うがなあ・・・。とはいえ著者にはお疲れ様でした、とねぎらいの言葉をかけておく。表紙のLITTLE BIG MUFFで、ああ、分かっているなあ、と感じる。

2019/03/15

感想・レビューをもっと見る