読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

モスクワの誤解

モスクワの誤解

モスクワの誤解

作家
Simone de Beauvoir
シモーヌ・ド・ボーヴォワール
井上 たか子
出版社
人文書院
発売日
2018-03-09
ISBN
9784409130391
amazonで購入する

モスクワの誤解 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

正直に思ったまま...。この訳はないと思う。タイトルも、これはモスクワで起こった誤解なのだから、原題通り『モスクワでの誤解』になぜしなかったのか。そしてボーヴォワールについては、彼女の書く女性の自立という意味がよく分からないのだ。世界的に評価された文学者であり活動家であることは承知しているが、サルトルとペアでなければどうだったのだろうと思わないでもない。この作品の、定年を迎え自分の価値に悩む初老の女性の葛藤には共感はするが、面倒臭い人だなあと言うのが正直なところ。

2018/06/15

くみ

【第114回海外作品読書会】「第二の性」とかサルトルとの独特な関係とか近寄りがたいイメージだったボーヴォワール。図書館の新着図書で、えいっと読んでみました。60年代のソ連が絡むし弾き返されるんじゃないのと思いつつ開けてビックリ。恋愛小説でした。しかも退職した夫婦の「夫婦喧嘩は犬も食わない」。妻のニコルはボーヴォワール、夫のアンドレはサルトルを想定と解説にあったので更に驚き。クールで淡白そうなボーヴォワールの独占欲とか愛されたい欲求が素直に放出されてるようでした。いくつになっても好きな人の1番でいたい。

2018/07/29

→0!P!

老いと嫉妬、愛に対する過剰な期待でお互いの不信を募らせる。

2022/01/05

サハ

いまはまだ初老なので、これから本格的な老いを迎えた時に思うこと、こういうすれ違いがあるんだということを興味深く読んだ。歯が抜けないかと頬を押さえる・・・もう魅力ある女性として対象に含まれないと実感する(これは日本ではもっと厳しいような気がする)。

2021/09/04

2018年3月20日初版第1刷印刷 2018年3月25日初版第1刷発行 著者:シモーヌ・ド・ボーヴォワール 訳者:井上たか子 発行者:渡辺博史 発行所:人文書院 印刷製本:創栄図書印刷株式会社 装丁:田端恵(株)META 定価:本体2200円+税 編集部:井上裕美

2020/06/22

感想・レビューをもっと見る