読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人をつくる読書術 (青春新書インテリジェンス)

人をつくる読書術 (青春新書インテリジェンス)

人をつくる読書術 (青春新書インテリジェンス)

作家
佐藤優
出版社
青春出版社
発売日
2019-02-02
ISBN
9784413045636
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

読書は人生においてどのような役割を果たすのか。本を血肉にするにはどのような読み方をすればいいのか。なぜ読書は人生を豊かにしてくれるのか――。作家、元外交官、教育者、神学者などさまざまな面をもつ著者がはじめて明かす「読書の哲学」。

「人をつくる読書術 (青春新書インテリジェンス)」のおすすめレビュー

AIに仕事を奪われない“人間性”をつくる読書術。佐藤優氏が指南する、力を伸ばすのに良い本は?

『人をつくる読書術』(佐藤優/青春出版社)

 近ごろ教養ブームが、またそれに伴ってささやかな読書ブームが巻き起こっている。AI時代の到来によって、単純作業を基本とする職業はAIにとって代わられる――ゆえにゼロからイチを生み出す能力を身につけようと、ありとあらゆる知識を吸収したいと思う人が増えていることがその背景にあるのかもしれない。しかし、単なる知識の寄せ集めだけでは、新時代に対応する力は身につかないだろう。

『人をつくる読書術』(佐藤優/青春出版社)の冒頭で佐藤氏は、こう述べる。

“教養とは、想定外の出来事に適切に対処する力である”

 この先、単純作業を機械やAIが担う時代にあっては、人間はますます想定外の出来事に対応することが求められそうである。本書で紹介されている読書術を駆使すれば、創造性豊かで想定外のことにもうまく対応できるような“人”を形づくっていくことも可能になりそうだ。そんな読書術の一部をこれから本稿にて紹介していこう。

■読書には順序がある――専門書を読む前の重要なステップ

 想定外の出来事に対処できるようになるには、専門的な知識や思考の能…

2019/3/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

人をつくる読書術 (青春新書インテリジェンス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kawa

敬愛する佐藤優氏の読書に関するアレコレ、楽しくも貴重な見識の数々に感謝。特に最終章の「キリスト教者をつくる本の読み方」は、氏の「神学」へのアプローチの軌跡が記述され興味深くも参考になる。氏が理想とする神学者・フロマートカの思想が、前段で紹介される三浦綾子氏の「塩狩峠」や遠藤周作氏の「沈黙」に投影できると思うと、ちょっと感動モノ。

2019/03/04

ココロココ

佐藤優大先生の本を久しぶりに読んだ。以前に読んだ本と似通っているところはあるが、他の著書への伏線があって、面白かった。ノンフィクション、フィクションバランス良く読むことが大切だと感じた。積んでいる「プラハの憂鬱」でも読もうかな。まだ買っていない「十五の夏」も気になる。

2019/02/05

GX

この人のキリスト教の本質のとらえ方が良く理解できました。共感できるところが多かったです。

2019/03/16

としP

漫画も結構馬鹿にできない。サバイバルの知恵と行動を身につける『キングダム』。『うずまき』も面白そう。/ やっぱり早いうちに『カラマーゾフの兄弟』は読んでおきたい。

2019/03/05

kubottar

宗教と資本主義との相似点についての話が面白かった。

2019/03/09

感想・レビューをもっと見る