読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひといちばい敏感なあなたが人を愛するとき―HSP気質と恋愛―

ひといちばい敏感なあなたが人を愛するとき―HSP気質と恋愛―

ひといちばい敏感なあなたが人を愛するとき―HSP気質と恋愛―

作家
エレイン・N・アーロン
明橋大二
出版社
青春出版社
発売日
2020-09-19
ISBN
9784413231695
amazonで購入する Kindle版を購入する

ひといちばい敏感なあなたが人を愛するとき―HSP気質と恋愛― / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さえき

今までHSPとは?敏感な性質とは?って本は何冊か読んだけどこの本はその中でも恋愛、愛情に特化した本。大切な人がいるのにHSPである事によって上手くいかなかったり悩んでる人におすすめ。この性質を治す事はできないわけだから、後はどう付き合っていくか。知識を得て自分なりに考えていくしかない。

2021/03/21

ぐっど

まずHSPの定義が曖昧すぎる。「何項目以上当てはまると傾向が強い」しかし「当てはまる数が少なくても、設問に強く共感する項目が一つでも有ればHSP」と。 HSP同士が幸せ度が高いと書いてある次のページにはHSP同士のカップルは少し不幸だと書いてある。 著者自身の心の中の話かと思うくらい主観的な語り。 また研究元は一切出てこない。根拠も一切出てこない。 出てくるのは偏った個人のケースのみ。「HSPは浮気をするが良い人間なのでHSPがそうさせている」など、偏見が強い。 著者の信者向けの本なのかも知れない。

2021/04/27

ユカ

本書は、HSPの様々な人間関係において必要とされる「自己」や「他者」への向き合い方が提示されている。研究や筆者の体験等のエビデンスに基づき見解が示されており、安心して読むことができた。特に第7章は、敏感さがある故の刺激への敬遠や対話の放棄、シャドーの無意識化といったHSPの欠点を痛いほど突いてくる。これらの適切な処理方法も参考となる。HSPが自分を愛し、他人を愛せるようになるために大事にすることを丁寧に教えてくれる一冊。 ※但し、所々に和訳文ならではの言い回しや文章があり、難解な点があった。

2020/10/11

感想・レビューをもっと見る