読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

羽生善治の将棋 序盤~中盤 強くなる指し方

羽生善治の将棋 序盤~中盤 強くなる指し方

羽生善治の将棋 序盤~中盤 強くなる指し方

作家
羽生善治
出版社
成美堂出版
発売日
2015-12-01
ISBN
9784415320984
amazonで購入する

ジャンル

羽生善治の将棋 序盤~中盤 強くなる指し方 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

masa

代表的な9種類の戦法別に序盤から駒がぶつかり合うまでをやさしく解説してくれる。盤に駒を並べながら読んだけど、この一冊で強くなったような感覚は一切ないが最初の本としては良かったような気がする。次は初心者向けとも言われている中飛車戦法の本を読んでみたいと思った。

2017/08/12

序盤~中盤を知るのに良い。

2019/11/22

おのぴき

相掛かり、横歩取り、棒銀、腰掛銀、相矢倉、四間飛車、中飛車、三間飛車、相振り飛車の9種類の戦法の仕掛けまでを丁寧に解説。戦法の特徴、一手一手に込められた意味についてとてもわかりやすく解説されていました。浮き飛車の感覚を身に付けたい。

2017/09/03

munesan

とても良かった!この書籍のおかげで居飛車の面白さに気づけて、ずっと四間飛車やったのに居飛車も指すようになりましたわ。おかげで色んな手筋が勉強できて、さらに将棋の面白さに浸かってます。

2017/03/31

感想・レビューをもっと見る