読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

酒肴ごよみ365日: 季節にほろ酔う旬つまみ 簡単で旨い味わい方、乙な愉しみ方

酒肴ごよみ365日: 季節にほろ酔う旬つまみ 簡単で旨い味わい方、乙な愉しみ方

酒肴ごよみ365日: 季節にほろ酔う旬つまみ 簡単で旨い味わい方、乙な愉しみ方

作家
萬田康文
大沼ショージ
出版社
誠文堂新光社
発売日
2017-09-12
ISBN
9784416517697
amazonで購入する

「酒肴ごよみ365日: 季節にほろ酔う旬つまみ 簡単で旨い味わい方、乙な愉しみ方」のおすすめレビュー

旬の食材でゆるっと晩酌。食べる・呑むを楽しむ大人のための365日レシピ!

『酒肴(つまみ)ごよみ365日』(誠文堂新光社/カワウソ)  1杯のお酒とおいしいおつまみがくれる、至福の時間。秋が深まってきた今の時季は、キノコやカボチャ、サンマなど、旬の味覚とお酒を味わう、というのも乙ですね。

 『酒肴(つまみ)ごよみ365日』(誠文堂新光社/カワウソ)は、人気写真家・萬田康文さんと大沼ショージさんの2人が、お酒とおつまみをおいしくいただく時間を記録した日めくりレシピ集。春夏秋冬365日分のおつまみの素敵な写真に、ちょっとしたエピソードとレシピを添えて紹介しています。

■10月28日 「冬支度」(揚げ銀杏パルミジャーノ)

拾った銀杏を素揚げして、塩・黒コショウ・パルミジャーノで味つけ。ムッチリとした食感と甘みに秋の恵みを感じて。

■10月31日 「ジャック オー ランタンに捧ぐ」(南瓜とヘーゼルナッツのサラダ)

ハロウィンにはカボチャのサラダをおつまみに。バルサミコをテンテン、と垂らした盛りつけも素敵で、真似したくなります。 ■11月5日 「味のバランス」(春菊とブルーチーズのサラダ)

鍋の具材でよく見る春菊は、実は生でも…

2017/10/28

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

酒肴ごよみ365日: 季節にほろ酔う旬つまみ 簡単で旨い味わい方、乙な愉しみ方 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ユウユウ

これ手元に欲しい本だなぁ。そして自分も365日の酒肴ごよみ記してみたくなりました。自分や誰かのの誕生日や記念日はなんの肴かな?と見るのが楽しく、そして肩の力がよく抜けていて、ほろ酔い気分になれます。

2018/08/16

ふ~@豆板醤

5!!<本が好き!献本>おつまみのフォトブック。365日分の一品料理の写真‥どんなお酒と合わせようか考えるだけでワクワクが止まらない(笑)柿の葉寿司と地酒なんて最高過ぎーー(^v^)リコッタチーズが気になったので今度作ってみようかな。お腹が空くというより、お酒が飲みたくなる本!のんべえ必読。

2017/09/18

かもめ

私も好きな「○○ごよみ365日」シリーズ。駒形のアートギャラリー・カワウソによる料理(酒肴)を被写体にしたアート作品集。旬の素材で家庭風イタリアンに仕上げたものが多く、肉料理は少なく野菜主体の料理が多いので中高年向き。インテリア用に、ポストカードサイズの本書があればいいなと思った。

2021/04/06

小太郎

深夜に「熊と踊れ」を読み終えてもすぐ寝られず。(一気読みの結果どうしてもそうなりがち)また長篇とか読む気もしなかったので手に取りました。これ写真が凄い!萬田康文と大沼ショージの二人が作ったカワウソという写真事務所の作品。1月1日から12月31日まで日ごとに旨そうな酒のうまみが簡単なレシピと共に載っています。何と言っても写真の素晴らしいさと添えられた文章の上手さに圧倒されます。

2017/09/24

まふぃん

レシピ本というよりは写真。さらっと見て、美味しそうなのを試しに作ってみる化。

2018/04/06

感想・レビューをもっと見る