読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あのとき僕が泣いたのは、悲しかったからじゃない

あのとき僕が泣いたのは、悲しかったからじゃない

あのとき僕が泣いたのは、悲しかったからじゃない

作家
瀧森古都
出版社
誠文堂新光社
発売日
2018-08-09
ISBN
9784416618981
amazonで購入する Kindle版を購入する

あのとき僕が泣いたのは、悲しかったからじゃない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

短編7作。申し訳ない私には今一つ・・好みの問題もあるのかなぁ。しいて言えば『おしるこ』『家族だった家族』ラストの『一本のオール』が好みか。泣けるのは、泣くことは私には必要だ。嬉しくて泣き、悲しくて哭く。それは単に齢の所為で涙腺が緩くなっただけだろうか?

2018/10/10

yanae

初作家さん♡タイトルにひかれて。すごくよかったー!何度か涙が。心洗われる感じがしました。悲しいとき以外に流す涙。嬉しい、感動、ほっとする、愛を感じる。そんな素敵な涙が短編で描かれています。個人的には最初の三作が好き♡直球で泣かしてくるお話たちに心地よく酔いしれました。作者は放送作家さんのようで、なるほど泣かせるのがうまい感じがする!感動の一冊でした♡タイトルもとても素敵。

2018/11/05

モルク

7つのうるっとくる短編集。涙は悲しいときだけ出るものではない。人の暖かさに触れたとき、愛されていると感じたとき…、でも、言葉に出さなければ伝わらないこともあり、誰かの援助なしには噛み合わないこともある。このいろいろな想いを書いたものではあるが、どれも読みやすくというか読まされてしまう。「真昼の花火」「おしるこ」がよかった。

2018/12/26

ぶんこ

最初と最後に詩があり、間に6編の短編。どれも亡くなった大切な人への思いが綴られていました。最後の2編だけは猫と鳥で、猫のお話だけは亡くなった人のお話ではなく、止む無く置いていかざるをえなかった飼い猫が、野良猫となって、自分が人間ではなかったことに気づく。猫好きなので短編の中で最も印象的でした。優しい魚屋さんに飼われ、離ればなれになった元飼い主の娘さんにも会えたハッピーエンドな結末にもホッとしました。

2018/11/20

どぶねずみ

7つの「小さな幸せ」を描いた短編集。それは大きな悲しみのどん底の先に見えた光だったり、固定概念に囚われて見失った心を長い年月をかけて取り戻したりする。辛くて泣いて、乗り越えて、嬉しくてまた泣く。7話の中でどれが良かったかなんて選べないほど、どれも良かった。ショートストーリーで、こんなにも心を揺さぶられるなんて!! 今夜は心穏やかに眠りにつけそうだ。

2021/07/19

感想・レビューをもっと見る