読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大坊珈琲店

大坊珈琲店

大坊珈琲店

作家
大坊勝次
出版社
誠文堂新光社
発売日
2014-07-18
ISBN
9784416714348
amazonで購入する

大坊珈琲店 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

めしいらず@冬眠中

一日は、時間は、とめどなく過ぎ去ってしまうから、誰もがせわしなくその流れに乗っかろうと日々齷齪している。そんな中にあっても、ふと流れ切れない思いが、心をチクチク苛む時がある。人には静かに自分自身と向き合える時間と場所が必要だ。本書に寄稿された方々のエッセイを読むと、閉店した大坊珈琲店がまさにそうだった。38年もの間ずっと変わらずにあり続けた、静かで薄暗い空間と、いつでも誰にでも慎ましい店主と、そして人を思索へと誘う深くて濃い味わいの珈琲と。大切なものの喪失、その悲哀は、人生の良薬。苦い珈琲の味に似ている。

2016/03/23

emi

珈琲好きの方はご注意ください。読むと間違いなく大坊珈琲店に行きたくなりますが、その味を舌で確かめることは叶いません。南青山にただならぬ珈琲屋があった、そしてもう口にできないなんてと惜しむただならぬ常連客たちの寄稿。閉店した珈琲店の私家本を活版印刷で製本した一冊、ここまで憧れの店として記憶するとは。ふらりと仕事帰りにこの店に立ち寄れた人たちが羨ましくてなりません。ただの堅苦しい珈琲店ではなく…ただの美味しい珈琲店でもなく…長年愛用した品のように、一人一人が揺らぎない信頼と愛情を注いだ店なんですね。きっと。

2017/01/09

ちいさな図書館

もっと行っておけば良かった、何度も通ってみたかった…と後悔を募らさせてくる良書。今度また行こう、と思っているうちに、今度がやって来なかった後悔。この店のことだけじゃない。「いつか」は来ないかもしれないから、会いたい人に会い、行きたい場所に行こう。

2014/09/02

ムフィー

ただ、ただ一度行ってみたかったなぁと思う。珈琲を淹れる店主のその姿、たたずまいを生で拝見してみたかった。珈琲一杯に注ぐ情熱、店内をあしらう草花やBGMへの気配り、本棚に揃える本、取り入れる光の加減や照明の按排、そこへ行ったかのように想像するだけでも奥深い。

2016/12/03

なかちゅう

結構長い時間をかけて少しづつ読んだ。特に記憶に残るのは一枚板のカウンターが一枚板ならではの変化をしてコップが滑るようになった件。それを「ピサの斜塔」と称して楽しんでいたお客。今はなき珈琲店。こんなお店に通えたら、と思ってしまうはしょうがないと思う。

2017/04/07

感想・レビューをもっと見る