読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小説 恐怖新聞 (APeS Novels)

小説 恐怖新聞 (APeS Novels)

小説 恐怖新聞 (APeS Novels)

作家
つのだじろう(原著)
大石圭
出版社
誠文堂新光社
発売日
2019-07-16
ISBN
9784416719251
amazonで購入する Kindle版を購入する

小説 恐怖新聞 (APeS Novels) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

先日読んだ「小説ブラック・ジャック」に続いて、APeS Novelsシリーズ第二弾です。小学生の時に良く読んだ『恐怖新聞』を大石 圭が小説で現代に蘇らせたので、懐かしく読みました。原作ほど怖くはありませんが、大石 圭のエロスの要素もあり、楽しめました。『恐怖新聞』恐るべし。続いてシリーズの『小説エコエコアザラク』を読む予定です。

2019/09/29

うどん

なんだか笑えるホラーでした😅

2019/11/01

pen 

怖くない(笑)これは大石さんがどうという話ではなく、漫画で読んだ頃は、子供だったから。 数々の怪奇現象もそうだけど、例えば「猿の手」のような、例えばデスノートの「死神の目」のような対価の交換ではない部分の怖さ。まだ死が身近に感じられなかった頃に、一方的に送りつけられて一日読むごとに100日寿命が縮まるという理不尽さが、子供心に怖かった。 年を取ったってことでしょうか 除霊のシーンなんか笑えてしまった。

2019/09/19

hundredpink

しんぶーん

2020/02/11

のりすけ

「ああっ」「いやーーーっ」「あの…」と大石節が炸裂。そんな理由で呪われたらかなわんがなと思いつつ、お前みたいなノーテンキ女は周囲をイラつかせるんじゃよね?とも。漫画とは別物。夕刊もセットでどうですか?なんて言うて来られたらブチ切れる。ヒロインちゃんが超絶美人らしいが、いまいちビジュアル化しにくくて困った。つのだイメージで脳内構成しちゃうからダメなのかしらん。

2020/02/26

感想・レビューをもっと見る