読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アメリカンクッキー: 歴史や文化がぎゅっと詰まった家庭菓子の56レシピ

アメリカンクッキー: 歴史や文化がぎゅっと詰まった家庭菓子の56レシピ

アメリカンクッキー: 歴史や文化がぎゅっと詰まった家庭菓子の56レシピ

作家
原亜樹子
出版社
誠文堂新光社
発売日
2019-12-02
ISBN
9784416719336
amazonで購入する Kindle版を購入する

アメリカンクッキー: 歴史や文化がぎゅっと詰まった家庭菓子の56レシピ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よこたん

サクサク、ほろほろ、ねっちり、もっちり、ふんわり、しっとり、ガリガリ、ふかふか、パリパリ、ねっとり…。これらが組み合わさって美味しくて個性的なクッキーを彩る音と食感になる。クッキーはアメリカ生まれの英語。いろんな国から集まってきたお菓子も、お家のママの味も、包み込む懐の深さよ。いかにもなザ・クッキーから、カラフルマシュマロとクルミをチョコで固めたどこがクッキーやねん?なクッキーから、ノーベイク(焼かない)クッキー、そして焼く前の生のクッキー生地を模したクッキードゥというクッキーまで。もう眺めては夢心地。

2020/05/07

ぽけっとももんが

これはもう、アメリカのクッキーの図鑑。いろいろなクッキーの由来や食感などがレシピ自体より詳しい。マッシュポテトを使うとか、焼かずに生地のまま食べるクッキードゥなど知らなかったようなもの多数。どれもかなりスパイスを使う。20年くらい前知り合った人のご主人がアメリカ人で、クリスマスにジンジャークッキーを作りたいのにモラセスが手に入らない、探して結局大手のパン屋さんで譲ってもらった、と言っていた。代々伝わるレシピをわたしも教えてもらったけれども、これも案外商品パッケージレシピだったのかもね。

2020/04/11

チョビ

もう名前の通り。素朴なドロップクッキー(を使うときのアイディアが面白い!)や、昔からある著名か家政本のからのレシピ。何といっても凄いのは「焼かない」クッキーの存在。やってみる気になる。

2020/02/11

奥山 有為

かわいくってトリビアもいっぱい

2020/01/29

なちゅ

チューイーなクッキーが好きなんですが、この本には何とレシピの上に食感が書かれていて、「にっちり(チューイーのこと)」があったので、にっちりレシピをいくつか作ってみました。 結果としては、チョコレートリンクルクッキーが優勝!!すごく美味しいです。 カリッと焼けた外側の中は、もっちりにっちりの、ファッジのようなガトーショコラのようなチョコ生地で、これはすごく美味しい。バレンタインに良いかも。 ちなみに食物油を使うレシピが多い本なのですが、油は絶対に、封を切ってすぐの新鮮なものを!味が全然違います。

2020/10/02

感想・レビューをもっと見る