読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

豆炭とパソコン―80代からのインターネット入門

豆炭とパソコン―80代からのインターネット入門

豆炭とパソコン―80代からのインターネット入門

作家
糸井重里
出版社
世界文化社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784418005208
amazonで購入する

豆炭とパソコン―80代からのインターネット入門 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

西澤 隆

iMacにIEとOutlookを入れピーガー音を出しながらインターネットにつないだ頃の入門記には既に「お年寄りのPCへの挑み方情報」としての価値はない。なのになぜこんなに読ませるかといえば「なにかを教えること・なにかを覚えてできるようになること」はどんなとき不幸で、どんな時に幸せになるかについての考察につながるとても素敵な学びの記録がここにはあるから。教える側の「なんでこんなことできねーんだ」も、教わる側の先生への恨みもなく、ひととひとがかかわりながら面白がって少しずつ進んでいく。示唆に溢れた本なのです。

2020/08/04

橘曙似

前半はミーちゃんがパソコンを扱うまでのレポートや糸井さんの感想、後ろ1/3はミーちゃんがパソコンで書いた日記等。ミーちゃんの文章とても若々しいです。80代とは思えない。そしてその行動力も80代とは思えない!国内から海外までたまに行く旅行を楽しみ、庭いじりを楽しみ、息子からのプレゼントのパソコンにも興味津々。いいなあ。もし私がこのくらいまで生きていても、こんなにバイタリティあふれる生活は送っていないだろうなぁと反省。家庭教師役の南波先生やミーちゃんのまわりの人々も素敵だ!人生を謳歌するってこういう感じか

2011/10/29

明星ことこ

糸井さんの温かさは受け継いだ細胞の中にすでにあったのだな。ミーちゃんの暮らしぶりは自分の将来に希望を持たせてくれる。

2015/04/14

スプリント

読んでいるとやさしい気持ちになる本です。糸井重里さんの実の母が主人公ですが登場人物すべてが魅力的です。また山田詩子さんが描かれているイラストが本の雰囲気にマッチしていて素晴らしいです。

2013/10/14

marua

ミーちゃんとその周辺(もちろん、息子さんも)の人々はなんて懐の深い人たちなんだろうと。今だにPCを「訳わからん機械」と認識する人は各年代にまんべんなくいる。もう14年も前のPC環境を懐かしく思い出しながら、PCのレクチャーするスタンスを再確認させられた。それにしても、サプライズを楽しく受け留められるミーちゃんの好奇心とよき先達と、周囲の温かさ。うらやましい。

2013/06/17

感想・レビューをもっと見る