読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

やさいの常備菜

やさいの常備菜

やさいの常備菜

作家
庄司いずみ
出版社
世界文化社
発売日
2013-10-05
ISBN
9784418133413
amazonで購入する

やさいの常備菜 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ねむねむあくび♪

図書館の本。かなり使えそうな1冊♪(ノ´∀`*)大満足でした♪早くあれこれ試したい~o(^o^)o

2014/05/21

白花豆

野菜を蒸したり、ゆでたり、マッシュしたりといった下ごしらえをして、それを料理にアレンジするのがメイン。アレンジも普通の家庭料理で、難しいものはない。反対に、普通過ぎて、料理本としてインパクトに欠けるのが残念。本当に役立つのは、こういう普通の料理のレシピなんだけど。下ごしらえのストックにしないレシピもあり、それがみんなササッと作れるのもいい。たたきごぼうをかき揚げ、信田巻き、サラダにするのには感心。赤味噌とバルサミコの簡単デミグラスソース風とそれを使った玉ねぎとマッシュルームの即席ハヤシライスを作りたい。

2014/06/15

ケロコ

【図書館】なるほど、こうすればいいのか?ということはとてもよくわかりますが、全てを常備菜にするの?っていうのは個人差があります。食べそうなものを試して作ってみたいと思います。

2018/07/28

津築 都古

作るのが楽しみです。

2013/12/07

のぼる

常備菜レシピにも、結構お肉を使ったものが多いので、まさに「野菜の常備菜」を作りたい私には、ベジタリアンの彼女のレシピはとても参考になります。薄味で下ごしらえをしておいて展開料理は憧れるんだけど、保存期間3日とかは、プレッシャーなんだよな。その日食べたいものは違うし、外食が入るかもしれないし。なので基本的には出来上がった版のレシピを主に参考にしています。手順が簡単なのが嬉しいです。たくさんメモしたので、これからの生活に活かすのが楽しみです。

2015/10/12

感想・レビューをもっと見る