読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こども仏教 強くてやさしいこころを育てる

こども仏教 強くてやさしいこころを育てる

こども仏教 強くてやさしいこころを育てる

作家
枡野俊明
出版社
世界文化社
発売日
2021-09-14
ISBN
9784418218172
amazonで購入する Kindle版を購入する

こども仏教 強くてやさしいこころを育てる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Hisashi Tokunaga

お寺って何するところ?お寺は大切な役割をいくつも持っている。初詣やお墓詣りだけじゃなく、お坊さんからありがたいお話も聞けるよ。仏さまにお参りし、修行や儀式をする。江戸時代には、寺子屋と呼ばれるようなお寺もあったよ。①お参りの場②お坊さんの修業の場③地域の情報発信の場④亡くなった方をまつる場。と、さりげなく子供たちに説明してくれる。事実誤認や未解決の試みやハレの場としてのお寺もある。神仏混合の場としての聖域やetc。強くてやさしいこころを育てる仏教への道のりは険しそうだ。また、地域での役割り発見も難しそう。

2021/11/06

感想・レビューをもっと見る