読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マンガ世界の文学 (3) チャタレイ夫人の恋人

マンガ世界の文学 (3) チャタレイ夫人の恋人

マンガ世界の文学 (3) チャタレイ夫人の恋人

作家
D・H・ロレンス
川崎三枝子
出版社
世界文化社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784418962013
amazonで購入する

マンガ世界の文学 (3) チャタレイ夫人の恋人 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダリア

実はざくっとしたあらすじしか知らなかったので、こういう話だったのか、と。スキャンダルはスキャンダルだろうけれど。仕方ない状況でもあったのだし。それに、主人公のお父さんや旦那さんの乳母さんなど理解者がちゃんといるのが良かったなぁと。主人公も思い切りよく恋人の元に行くし。モーパッサンの”女の一生”とつい比較してしまって、ヒロインの性格の違いをしみじみ感じてしまった。いや、大分に状況は違うのだけれどね。

2017/01/09

読み人知らず

家を守ることを考える旦那さんに、少しずつ疑問を覚えて身分違いの森番と恋に落ちる。一緒にいるときの幸せっていうのを描いちゃったものだから。これは名作だと思うなあ。今の世の中にはこの本が刺激薄く見えるのかもしれないけどね。

2007/08/30

v&b

背広姿の恋人の立ち姿が半ページ割いて描かれている箇所、鮮烈で印象に残った。

2014/07/01

ひろただでござる

分かるようなわからないような理解できるような理解できないような・・・。人の言いなりになって「しもたっ!」って事になっても誰もフォローしてくれないんだから自分の意志の命じるままに進むのが良いのでは。人生の何に重点を置くかはその人次第。他人がとやかく言える筋合いじゃない・・よね?

2014/04/17

クラベル

女としての心と体の解放、男性に求める愛と優しさ。女性ならではの、きめ細やかな表現が素敵です。確かに衝撃的な作品です。

2012/03/16

感想・レビューをもっと見る