読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

京都で日本美術をみる 京都国立博物館

京都で日本美術をみる 京都国立博物館

京都で日本美術をみる 京都国立博物館

作家
橋本麻里
出版社
集英社クリエイティブ
発売日
2014-10-24
ISBN
9784420310703
amazonで購入する

京都で日本美術をみる 京都国立博物館 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ねむねむあくび♪

図書館の本♪読友さんの感想をみて読んだ。京都国立博物館のコレクションを紹介しながら日本美術史を総ざらい♪先週読んだ『お寺に代々伝わる日本の国宝』もまた並読して、堪能~(*♡﹃ ♡*)母の日の日曜日の朝は、充実の、なんとも愉しい時間になりました(*´∀`)♪ウフフ♪もう1冊田中ひろみさんの『会いに行きたい!日本の仏像』も読んでいるので至福の時間はまだまだ続きそうです~るるるん♪

2015/05/10

シャトル

京都国宝博物館のガイドブック的な本。常設展を展示する「平成知新館」が完成してから訪問したが、ガラス張りでモダンな外観、ゆったりと宝物を鑑賞出来る内部構造は体験すると病みつきになる。たまたま館長と地元ラジオパーソナリティーのトーク会開催と知り参加。館長の説明によると、正門から入場すると旧本館が、三十三間堂側の南門から入場すると知新館が正面に見え、来館者をおもてなし出来るように緻密に計算し設計したらしい。かつて日本一の大仏殿があった「方広寺」の跡地が京博らしい。そしてこの本、写真が本当に綺麗!

2015/05/03

しーふぉ

京都に行きたくなったな〜 京都に行くと神社仏閣巡ることが多いけど博物館美術館は盲点だった。雪舟や長谷川等伯の絵や歴史の教科書で見てた美術品がたくさんあるようです。

2016/11/27

昼と夜

京都国立博物館を京国博ってよんでます。よくよく考えたら東京国立博物館を東博ってよんでるのだから、対と考えると京博ですね。たぶん京都市立美術館を京市美、京都国立近代美術館を京近美だからそうなったんでしょうね。平成知新館明るくて素敵ですね、旧館の方が仏像ゾーンの圧倒的迫力あったけど。読み物としては美術史の結び目が面白かったです。ここ数年祇園祭礼図屏風にお目にかからないのですが何故でしょうか?七月に東山七条に近寄らないからでしょうか?だってその時期は四条烏丸が拠点なのですもん。やっぱり京都画壇が大好きです。

2015/03/26

かごめ

橋本麻里さん日本美術ガイドブック2冊目。歴史との関わりがダイジェストながらもわかりやすく述べられていたが、写真が少なかったのが残念。

2014/12/12

感想・レビューをもっと見る