読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひねり出す力 “たぶん”役立つサラリーマンLIFE!術

ひねり出す力 “たぶん”役立つサラリーマンLIFE!術

ひねり出す力 “たぶん”役立つサラリーマンLIFE!術

作家
内村宏幸
出版社
集英社クリエイティブ
発売日
2016-07-26
ISBN
9784420310741
amazonで購入する Kindle版を購入する

ひねり出す力 “たぶん”役立つサラリーマンLIFE!術 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みたらし

アイデアを出すためのビジネス本というよりは、ひとりの放送作家の自伝のような内容でした。笑う犬やサラリーマンNEO、LIFE!の舞台裏を垣間見ることができました。根拠のない自信を持ち、あきらめずに考え続ければ、アイデアは必ずそのうち出てくるもの。唯一心がけていたことはいただいた仕事と真摯に向き合って、ていねいにこなしていく。そして、どこか一カ所でも相手をニヤッとさせることをやるということ。マルクス兄弟を見ろよりも、目に移った風景からいかにくだらないことを妄想できるかが重要。

2018/12/16

みい

ウッチャンとの対談がよかった♪

2016/08/24

a19

放送作家のなかでもコントを専門にしてきた内村さんの本。コントの好きな私としては殆どの番組を見ていたので、キャラクターの出来上がり方や番組の裏側が知れて楽しかった。ミル姉さん、また見たいなぁ。締め切りがあるから、なんとかひねり出す。そのときまで自分が知らず知らずストックしていたネタ(記憶)が必要に迫られて、ポッと出てくる。発想勝負とところもあるから、普段から何に興味を持っているか、観察できているかにかかっている。何をおもしろいものとして捉えられるか、センスも光る。何にでも興味を持てる好奇心が大事かも。

2017/02/10

ふっかー復活委員長

【感想追記】コント番組が好きならきっと楽しめる一冊。人生に無駄な経験なんてないけれど、有益なものに昇華したいのならば、それなりの発想力や情報整理術が必要だと学びました▼『セクスィー部長』の名前の由来が、あの高校のサッカー部だったとは!▼面白い人の周りには、頑張らなくてもなぜか面白い人が集まってくると言うべきか…▼個人的には『レッドシアター』が復活できないかな?と思ったり。

2016/11/01

むさみか

仕事について クリエイティブについて 硬く考えるのではなく これはまるで 放送作家という お題のコントのようで とても楽しく読めました

2016/11/06

感想・レビューをもっと見る