読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

齋藤孝が読む カーネギー『人を動かす』 (22歳からの社会人になる教室1)

齋藤孝が読む カーネギー『人を動かす』 (22歳からの社会人になる教室1)

齋藤孝が読む カーネギー『人を動かす』 (22歳からの社会人になる教室1)

作家
齋藤孝
出版社
創元社
発売日
2019-03-06
ISBN
9784422101231
amazonで購入する Kindle版を購入する

齋藤孝が読む カーネギー『人を動かす』 (22歳からの社会人になる教室1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゲンキ

世界的なロングセラーであるデール・カーネギーの「人を動かす」を、齋藤先生が分かりやすく解説しておられます。部下を持つ上司が読んだら、大変役に立つと思いましたが、人を動かす3原則、人に好かれる6原則、人を説得する12原則、人を変える9原則と一杯ありすぎます。だから私は、中でも心に刺さったものをノートに書き写しました。今後はそのノートを振り返り、仕事に活かしていきたいと思います😃

2020/04/12

タナカ電子出版

斎藤先生 あなた、とうとうやっちゃいましたね! 本を読みとくシリーズ化は、売れてる本を自己流解説を加えいくらでも本を出版できる。めちゃくちゃ頭のいい出版仕方じゃないですか👀‼️まったく脱帽です🎩私はあなたのやり口が大好きです♥️もっともっとベストセラーから古典名著まで、あなたのおもむくままお進みください。私はかげながら読み続けます✨

2019/05/16

Rie【顔姫 ξ(✿ ❛‿❛)ξ】

カーネギーの「人を動かす」は、昔読んでとても印象に残った本。でも、原典(翻訳ですが)は結構長いので、この本でざっとおさらい。もっと前から知ってればよかった~、と思った点も、実はもうずっと前に読んでいたのでした!この本は社会にでる若者向けに書かれているので、ざっと読んでみるにはいいかも。でも、時間があれば原典を読むことをおススメします。

2019/07/06

miyatatsu

ずいぶん昔に人を動かすを読んだので、忘れていることも多く学ぶことが多くありました。再度人を動かすを読み返したいです。

2019/03/11

はるさく

ちょうどよい情報量。自己啓発本を何冊か読んでいると、知っている内容も多いが、カーネギーの「人を動かす」は読んでみたかったもののなかなか手が出なかったので内容がわかってよかったです。しかし電話の向こう口にいる人の笑顔まで見破られてしまうとは気が抜けないですね。複数の会社からオファーが来ていたという優秀な学生が、ある一社からの採用の電話の相手の話し方がいかにも嬉しそうで入社を決めたというエピソードが微笑ましい。笑顔でいるために胸に「上機嫌」背中に「意味もなく」という上機嫌Tシャツが欲しいと思ってしまった。

2020/03/17

感想・レビューをもっと見る