読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

日本の精神性と宗教

日本の精神性と宗教

日本の精神性と宗教

作家
河合隼雄
橋本 武人
鎌田東二
山折哲雄
出版社
創元社
発売日
2006-04-14
ISBN
9784422113715
amazonで購入する

日本の精神性と宗教 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダージリン

天理大創立80周年のシンポジウムを基にした本。河合、山折両氏の名前に惹かれたのだが、鎌田氏の宮崎アニメからの切り口は面白かった。トトロでは森の神が息づいたところが舞台だったが、千と千尋では、神社は荒廃し、神の存在感が限りなく低下した場所で物語が始まる。都市と地方の差はあれど、年々古くからの習俗は消えていく。世界的にも宗教心が失われているようだが、そうなると何が起こるのか。気候変動などの危機は、自然を敬う心を取り戻す契機になるのかも知れない。

2019/10/18

魚京童!

私の知っている河合先生じゃない…。

2014/01/15

13km

日本人の生活に宗教が上手くミックスされていて今まで気づかなかった。自分の生活における行動ひとつひとつが宗教と深く関係しているように感じる。

2012/01/22

七草奈々子

この書で素晴らしいのはやはり河合隼雄氏の知見と言葉だと思われる。日本人の宗教というものを上手く捉えた言葉が散見できる。シンポジウムにおける講演・討論録で、特に後者で「練りに練った」というような思考でないのが残念か。

2011/05/21

まや

頑張って読み進めたものの途中で挫折。無念。私の世界が狭いのだろう。

2012/03/27

感想・レビューをもっと見る