読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夫婦・パートナー関係も それでいい。

夫婦・パートナー関係も それでいい。

夫婦・パートナー関係も それでいい。

作家
細川貂々
水島広子
出版社
創元社
発売日
2019-12-17
ISBN
9784422930831
amazonで購入する Kindle版を購入する

「夫婦・パートナー関係も それでいい。」のおすすめレビュー

配偶者が苦手な人も“大切な誰か”がいないという人も…精神科医が教える「パートナーとの向き合い方」

『夫婦・パートナー関係も それでいい。』(細川貂々、水島広子/創元社)

 さまざまな生き方が認められつつある現代では、多様化したパートナーの形に悩みを抱くことも多い。パートナーがいても寂しさを抱えていたり、おひとりさまで生きていくことに迷いを感じたりすることもあるはずだ。そんな生きづらさにそっと寄り添い、心を楽にしてくれるのが『夫婦・パートナー関係も それでいい。』(細川貂々、水島広子/創元社)だ。

 マンガ家の細川さんと精神科医の水島さんは2017年に刊行された『それでいい。』(創元社)からタッグを組み、『生きづらい毎日に それでいい。実践ノート』(創元社)や『やっぱり、それでいい。』(創元社)などを発刊。生きづらさを抱える人々に、人生を楽にするヒントをおくってきた。

 本作は“パートナー”がテーマ。ここでいうパートナーとは心に影響を与える、最も難しい人間関係。

 だが、水島さんが教えてくれる「対人関係療法」を取り入れていけば、関係は改善させられ、今よりもっと幸せになれる。

■幸せの第一歩は妻や夫が「重要な他者」だと認めること

「あなたにとって重要な他者…

2020/1/17

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

夫婦・パートナー関係も それでいい。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

それでいい。シリーズのパートナーとの関係がテーマ。パートナーって配偶者だけじゃないのだな。仕事だったりペットだったり恋愛関係だけでなく何のジャンルにも有り得るとわかりました。日本人は特にパートナー、結婚、夫婦の形にどうもこだわりが強くて、少しでも変わった考えを持っていたり我が道を行く人がいると変な目で見てくる傾向が強いと思います。王道、世間の常識にとらわれない自由な関係のパートナーと堂々と過ごすことで、心も穏やかでいられそうです。

2020/05/01

つね

「人はひとりでは不安定で心もとないことも多い。安定するためには自分を支えてくれる他者がいるといい(それは人でなくてもいい)」ということから始まった、それでいいシリーズの夫婦版。「いろんなカタチのパートナー関係があっていいんです」と決めつけなくて、それでいて相手や自分の気持ちとどう向き合えば楽になるのかヒントが多い。水島先生のクリニックと貂々さんのマンガが見事に融合して、読みやすく分かりやすいですね。結婚に意味あるの?・・・なるほどね。

2020/07/29

kayo

内容は簡単なようで難しい。独身時代長く、一人でこのまま生きてゆくのだと思っていたけど、ひょんなことで結婚出来てホッとしたのは何だかんだ言って古い考え方が染みついていたからですね。私の第一のパートナーはやはり夫です。普通の人ですが人間の器が大きく、この人のそばに居ても良い人間でいるために、自分を変えたいと思わせてくれます。このことは夫だけではなく、今自分が親しく大切に思う人たちに共通して言えることだと、この本を読んでいて気づきました。結婚、恋愛、趣味、つながりは何であれ心地よい関係性を築きたいです。

2020/07/03

どあら

図書館で借りて読了。

2020/11/17

ochatomo

それでいいシリーズ第3弾 夫婦の悩み解決にはライト過ぎて期待外れだったが『パートナーがいなくても』というアドバイスは新鮮 『パートナーズ』の提案もあり 2019刊 (追記)読みなおすと言葉が沁みてくる

2020/02/04

感想・レビューをもっと見る