読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

空気が読めなくても それでいい。: 非定型発達のトリセツ

空気が読めなくても それでいい。: 非定型発達のトリセツ

空気が読めなくても それでいい。: 非定型発達のトリセツ

作家
細川貂々
水島広子
出版社
創元社
発売日
2020-12-10
ISBN
9784422930886
amazonで購入する Kindle版を購入する

空気が読めなくても それでいい。: 非定型発達のトリセツ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

anne@灯れ松明の火

うつを患ったご主人より、貂々さんご自身の方が「生きづらさ」を抱えておられた。今回、精神科医の水島先生から、「非定型発達」という「先天的な脳の発達の仕方の偏り」を診断。過去のあれこれが病気が原因だったことがわかる。「定型」の担当氏が同席することで、「定型」の人の反応も見られ、「非定型」の人自身、また「非定型」の人に対しての対応がわかりやすく説明されていた。ゆるい漫画が大半で、とっつきやすく、合間の先生の解説がピリッと〆ている。空気が読める人も、読めない人も、読んでみてください。 #NetGalleyJP

2020/12/08

ひみこ@絵本とwankoが大好き♪

図書館本。職場に今年から来た人が、まわりと噛み合わず、どのようにすればいいのか読んでみたが、彼女には半分ぐらい当てはまらず…ひとりひとり性格は違うし、難しい。どうしたら、彼女がストレスなくみんなと一緒に仕事ができるか模索中…

2021/06/14

spatz

とてもよかった!悩んでいるひとは星の数ほどいるし状態も千差万別。本人や周囲がどう対応するか、そもそも、その人その人の在り方、てなんなのか。先天的後天的?専門家に見せるべきもの?肉体的ななにか?それともよく言われるように、個性?時代や場所や様々な要因により異なる判断や診断、差別苦しみがあることだけはたしか、そのための本も星の数ほどある。どうすべき、指南もありすぎて、正直読む気がしない。ノウハウやハウツー本が何故かあまり好きじゃないので(あくまで好み)。

2020/12/07

Roko

発達障害まではいかないけれど、色々な場面で生きていくのが難しいと感じることがたくさん生じてしまうのが「非定型発達」なのです。(非定型発達とは、脳の発達の仕方の偏りがあり、色々な生き辛さに繫がる特徴がある先天的な変異のことです。)正直でルールを守る非定型さんのことを分かってくると、定型の人たちって酷いよねぇということも分かってきます。非定型さんが「なんで自分は普通にできないんだろう」「自分はダメな人間だ」と勝手に思い込んでしまっていることが多いというのはとても残念です。#NetGalleyJP

2020/12/10

jabrafcu

『それでいい。』[^1]の漫画作者が後にASDタイプのグレーゾーンと診断された体験を描いた体験記兼入門書のような作品。特性がありつつ社会生活が営めている人を「非定型発達」とし障害とは呼ばないという位置づけで,ASDタイプ・ADHDタイプなどに区分しつつ,本書で扱っているのはほぼASDタイプのみ(体験記的だからまあそうなるのだが)。なので1冊目に読むと少し誤解が生じる部分はあるかも知れない。が,実感の描き方は著者一流でわかりやすく,「解説者」がいるといいなど他で聞いたことのないヒントも得られた。

2021/01/20

感想・レビューをもっと見る