読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

猟奇歌

猟奇歌

猟奇歌

作家
夢野久作
赤澤 ムック
出版社
創英社
発売日
2010-02-01
ISBN
9784434141645
amazonで購入する

猟奇歌 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

蓮子

ふと読みたくなったので再読。この本は静かな真夜中に読むのが相応しい。短い言葉の間から暗闇が滲み出し、血が滴ってきそうな気配がする。歌の余韻からひたひたとやってくる。不気味に死に絶えた夜。人間の悍ましい暗部を覗く、その目に焼き付けて。「頭の中でピチンと何か割れた音/イヒゝゝゝゝ/……と……俺が笑ふ声」

2017/09/12

蓮子

ふと読みたくなったので再読。この本は静かな真夜中に読むのが相応しい。短い言葉の間から暗闇が滲み出し、血が滴ってきそうな気配がする。歌の余韻からひたひたとやってくる。不気味に死に絶えた夜。人間の悍ましい暗部を覗く、その目に焼き付けて。「残虐なる猟奇の眩暈を、嗜める大人だけの密やかな愉しみさ。」

2016/06/16

蓮子

人の暗部を詠んだ作品。本書のタイトル通りどれもゾッとする歌ばかり。歌の余韻が想像力を掻き立てる。眠れない夜のお供にどうぞ。「残虐なる猟奇の眩暈を、嗜める大人だけの密やかな愉しみさ。」挿絵はそれほど好みではないけれど、作品をより恐ろしい物に見せているパワーはあるかと。

2016/01/05

ちゃんただキノコマン

日常に潜む、人間の心の奥にひっそりと息づく狂気を不思議で不安で病んでいるような短歌で見せつける。多分、作者…夢野久作が生前ずっと思っていた事を唄ったんだろうか?でも、考えても考えてもその作者の気持わ分からないが、ふと、ふとある日その短歌に共感を持ってしまったら、アナタはもうこの作者と同じ。〈自分より優れた者が 皆死ねばいヽにと思ひ 鏡を見てゐる〉

2014/02/13

りりす

うまく言えない。短い言葉から、ひたひた忍び寄ってくるような何かが……。それがこわいっていうのとは、すこし違う。不思議な感じがする。良い詩だった。

2016/01/27

感想・レビューをもっと見る