読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

脳のアクセルとブレーキの取扱説明書: 脳科学と行動経済学が導く「上品」な成功戦略

脳のアクセルとブレーキの取扱説明書: 脳科学と行動経済学が導く「上品」な成功戦略

脳のアクセルとブレーキの取扱説明書: 脳科学と行動経済学が導く「上品」な成功戦略

作家
真壁 昭夫
中野信子
出版社
白秋社
発売日
2020-09-24
ISBN
9784434279294
amazonで購入する Kindle版を購入する

脳のアクセルとブレーキの取扱説明書: 脳科学と行動経済学が導く「上品」な成功戦略 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

大先生

いやー、中身の濃い本でした。脳科学(ドーパミンやオキシトシンの話等)と行動経済学について、コンパクトながらいろいろ解説されています。バブルの発生原理は特に興味深い内容でした。現在の株高もバブルでしょうね。日本経済が成長していない状況で株価だけが上昇しているのですから。バブルは通常3年程度継続すると書かれていましたが、どうなんでしょうね。どこから起算するかによっては、今の株高もすでに…怖。カネの行き場がないから株高なんでしょうけど、そんなに余っているなら困っている人に配ってほしいものです。人類皆兄弟!

2021/01/14

ken

人は欲求に対してアクセルとブレーキがある。株でもなんでも成功する人はブレーキを効かせることが出来る。対談形式なので、詳細なデータに基づいて説明はしておらず、感覚的な説明だが、ブレーキが効かないのは過去の成功体験、周りに流される集団での安心感、脳の省エネをもたらす美しさ基準とのこと。対処はルールを決めて厳格に運用すること、例えば株価が何パーセントさがったら買う。こういったブレーキは後天的なもの。大人になってからでも少しずつだが獲得できる。また後天的に得た親でも子に遺伝する可能性がある。

2020/11/15

らむこ

自粛警察に走るのは脳の仕業なのか。パンデミックのような有事にこそ、脳の使い方や働き方を知っておくと騙されないで済む。

2021/04/21

mog

こちらは再読が必要。 かなり細切れに年末から読んだため、最後でなるほど!となって最初の議題を忘れてしまった… 言えることとしては、再読に値する本だなと思ったことです。 やはり自分の選んだことを正解とする力と教養を身につけたい。

2021/01/10

jouluribo

https://www.honzuki.jp/book/294416/review/255295/

2020/12/14

感想・レビューをもっと見る