読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

齋藤孝こころの教室 こども般若心経

齋藤孝こころの教室 こども般若心経

齋藤孝こころの教室 こども般若心経

作家
齋藤孝
リベラル社
伊藤 ハムスター
出版社
星雲社
発売日
2020-12-18
ISBN
9784434282157
amazonで購入する

齋藤孝こころの教室 こども般若心経 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tomonori Yonezawa

【地元図書館】2020年12月初版。▼全二章71頁。般若心経の大事なところ(概要紹介)、読んで悟ってみよう(部分毎解説)。▼これは傑作。般若心経をかなり分かりやすく解説してくれています。日本人なら何となくは接してきてる般若心経ですが、どんな内容なのかは知らない方が多いと思うので読んでみてはいかがでしょう。▼絵は可愛くて内容に合ってるとは思えないが、子ども向けの本なのでこれでいいのかも。▼親父が死んだ時に父親が学生時代の先生が手書きの般若心経を飾ってくれたことを思い出しながら読み終える。▼買ってもいい本。

2021/04/18

ひとぽん

図書館本。次男くんと共読。 言葉としては、知っていたけれども、意味は、知らなかったし、知ろうともしてこなかったな。こども向けなので、やさしい言葉で書かれていて、読みやすく、理解しやすい。 実際は、もっと深くもっと広い世界なんだろうなっと思いつつ。苦しみもその原因もない、ゆえに恐れることもない。心が乱れてしまいそうな時、『ギャーテイ、ギャーテイ』唱えてみようかな。

2021/05/05

a

とても分かりやすいし、絵がかわいい!子どものとき唱える機会が何度もあったけど、よくわからないなと思っていた。本書を読んで何となくの意味を理解し、久しぶりに唱えてみると、ちょっと心がすっきり!一瞬でも無になれたのかも。

2021/03/18

感想・レビューをもっと見る