読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

料理のきほん練習帳

料理のきほん練習帳

料理のきほん練習帳

作家
小田真規子
出版社
高橋書店
発売日
2012-04-28
ISBN
9784471033972
amazonで購入する

料理のきほん練習帳 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まる

花嫁修業のために。なんとなくで切っていた「一口大」などが実際どんな大きさなのか、数字だけでなく写真があってわかりやすかったです。普段の作り方と違うものが多々あったので、これは作ってみなければ…写真もわかりやすいレシピ集だと思います。まだ作ってないので私みたいな初心者でもできるものかはわかりませんが(笑)

2015/07/27

もーちゃん

量・大きさ・時間など、なぜそうした方がいいのかわかった。自己流でやってきたけど、イマイチ味がきまらないな~という原因がわかる。初心者向けの本だと思ったけど、自己流でやってきた人向けだな。

2013/07/03

かっぱ

シリーズ35万部突破の帯にも納得。見開きの右頁に出来上がりの写真、左頁に各手順の写真が上から並んでいて要領がつかみやすい。お店の味編と合わせて勉強になります。今更ですが練習しなおしてみる。

2014/07/15

34

参考にしている料理本が何冊があって、その一冊です。ホントにわかりやすい。いつも助かっています。

774su

素材のきり方はもちろん、みりんと砂糖の≒の関係、「基準野菜」の重さの目安がわかるという一見の価値がある内容です。 弱火でじっくり炒めながら料理をしていましたがほったらかし焼きという技法が紹介されていて、そっちのほうが火の通りがよいということを再認識した。 蒸し野菜をつくってみようと思う。 あと種々の切り口にもチャレンジしようと思う。 素材の切り口、大きさが料理の味のしみこみの切り口となっているとは…。 基本をマスターしたい気持ちが出る本です!

2015/08/05

感想・レビューをもっと見る