読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

終わらない庭―昭和の三大作家とめぐる「宮廷の庭」

終わらない庭―昭和の三大作家とめぐる「宮廷の庭」

終わらない庭―昭和の三大作家とめぐる「宮廷の庭」

作家
三島由紀夫
大佛次郎
井上靖
伊藤 ていじ
出版社
淡交社
発売日
2007-06-01
ISBN
9784473034229
amazonで購入する

終わらない庭―昭和の三大作家とめぐる「宮廷の庭」 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おーちゃんママ

御所という特別な空間にある庭を格調高い文章で彩る、なんという贅沢な本なのでしょう。実際に見てみたいけど、もし見ることが叶わなくても満足出来てしまう一冊でした。

2017/12/31

ちよじ

お写真もよい。行ってみたい

2010/05/16

おとしん

電車の中で読了。三島由紀夫も井上靖も大仏次郎も文章うますぎ。お寺の格に負けない文章を書くって想像を超えています。

2009/01/23

Riko

図書館で借りた

2011/01/07

メルセ・ひすい

9. 15  庭園解説 三島由紀夫・仙洞御所  井上靖・桂離宮  大仏次郎・修学院離宮 ・・ 各々の庭園体験から生まれた秀逸な随筆を収録した、日本庭園の核心に迫る一冊。拝観案内・アクセスマップも掲載。

2007/08/01

感想・レビューをもっと見る