読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パリの憂鬱 (大学書林語学文庫)

パリの憂鬱 (大学書林語学文庫)

パリの憂鬱 (大学書林語学文庫)

作家
シャルル・ボードレール
CharlresBaudelaire
松井 美知子
出版社
大学書林
発売日
2002-07-01
ISBN
9784475021043
amazonで購入する

パリの憂鬱 (大学書林語学文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

吉野ヶ里

『惡の華』が肌に合わなかったからどうかしら、と思っていたのだけれど、かなり好きだった。長文詩というかエッセイみたいなもんなので、訳文に大きく左右されなかったのが良かったのかもね。『異国の人』『二重の部屋』『群衆』『寡夫たち』『老いた道化』がお気に入り。〈しかしなんと深く忘れようのないまなざしで、彼は人々の群れと光を眺めていたことだろう。引いては押し寄せるその波は、ぞっとするような貧困のわずか数歩手前で途切れてしまうのだった!『老いた道化』〉

2019/11/03

感想・レビューをもっと見る