読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夜回り先生 水谷修が見た公明党

夜回り先生 水谷修が見た公明党

夜回り先生 水谷修が見た公明党

作家
水谷修
出版社
第三文明社
発売日
2020-05-18
ISBN
9784476033922
amazonで購入する Kindle版を購入する

夜回り先生 水谷修が見た公明党 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

チェリーニ

本日、届いて数時間で読了。夜回り先生が助けた、また助ける事が出来なかった。子ども達が、壮絶な内容で書かれています。

2020/05/20

TAKA0726

小さな声を聴く力、福祉と教育の公明党。幼児・高等教育、私立高校の無償化の活動は知っているが公明党と一緒のチームで活動している水谷先生の現場の具体的な苦悩や関わり、行動力を知ることができた。人のために何かする、帰ってくるありがとうの優しさが私の明日を拓く生きる力になる。人は誰かを幸せにするために生きる、が印象的。自公連立は父親と母親の役割分担、父親は外の仕事にかかりきり、母親は家庭を守り時には父親の暴走に歯止めをかける。「優しさ」を武器とした「令和一揆」を起こそう。困った時の復興副大臣浜田氏の実現力はすごい

2020/11/04

ak takagi

数々のエピソードがあり、どれも涙無くしては読めない内容でした 20年以上も夜回り先生から一人で行動を起こし、公明党の人たちとの連携で、どれだけの子どもたちが救われたか、個人の単位から変わらねばという著者の姿勢が、公明党の目指すものと一致している事で何人もの人を救うことができています

2020/09/13

感想・レビューをもっと見る