読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

作家
ジョン・ケープルズ
神田昌典
齋藤慎子
依田 卓巳
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2008-09-20
ISBN
9784478004531
amazonで購入する

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

徒花

伝説的なコピーを生み出した著者が書いたコピーライティングの教科書的な本。かなり分厚くて400ページ以上あるので読むのがなかなか大変だが、平易な言葉で分かりやすく伝えているので読みやすい。さらに、そのまま流用できるような事例、コピーの型が多数紹介されているのも助かるところ。古い本なのであまりインターネットの広告などにはフォーカスされていないのが残念なところだが、「文字」は変わらず使うので、役に立てそうな部分が多く、ためになる。

2016/10/22

kana

とてもためになる本です。なぜならこれだけのページ数を割いてコピーライティングの成功/失敗事例を語りながらも、49年広告を作り続けた著者が最も重視するのは「テスト」によってその効果を検証すること、だったからです。無論ライティングのコツなど今もよくいわれる納得感のあるものでしたが、数値的な根拠に基づいて行動すべしというのは初心に帰る思いがしました。その謙虚さは素晴らしいですし、IT時代にもその重要性は揺るがないと思います。その上で読者の気を引くためか、キャッチーなタイトルをつけている点にも好感がもてます。

2015/01/06

もりやまたけよし

広告の基本がしっかりと書いてあって、どんな広告が売上アップするかが詳しく書いてある。単調だが、基本書というのは得てしてそういうものだ。

2019/05/22

にらさき

速読にて。広告の目標は1:見込み客の注意を引く、2:関心を保つ、3:こちらの望む行動を起こしてもらう、の3段階。その為には広告の法則を科学的に説明できるようになり、その上でそれを市場でテストし常に効果を確認、改善し続けられるようにする必要性がある。この本はそれらを達成し得る考え方を実例を交え紹介している。

2017/12/13

miyatatsu

宣伝文の書き方を知る上で非常に有益な本だなと思います。

2018/11/20

感想・レビューをもっと見る