読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる

放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる

放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる

作家
谷口菜津子
小田真規子
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2018-05-17
ISBN
9784478104149
amazonで購入する Kindle版を購入する

「放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる」のおすすめレビュー

【緊急企画】筋子愛がスゴすぎる! カマタミワ×谷口菜津子の「どっちの筋子ショー!!」

 全国区ではあるものの“ニッチな食べ物”というイメージを払拭できない筋子…。筋子愛好家にとってこれは重要な問題である。『東京ウォーカー』で連載を持つ人気漫画家のカマタミワと谷口菜津子の両氏が、ひょんなことからお互いの筋子愛を知り「ぜひとも筋子サミットを開きたい」と、加藤編集長に直談判したことで実現したこの企画。お気に入りの筋子料理でおもてなしをし合うという趣旨のもと、念願かなってのご対面 。熱い熱い“筋子セッション”をお届けします!

カマタミワ 独身一人暮らし女の自堕落あるあるが満載の『ひとりぐらしこそ我が人生』(KADOKAWA刊)など、都会で生きる女性(男性も!)の共感を呼ぶ著書多数。濃厚キャラを引き寄せる"巻き込まれ体質"ゆえ、漫画のネタには事欠かないが、煮詰まった時は筋子でパワーを注入!  

谷口菜津子 『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』(ダイヤモンド社刊)では"放置グルメ"という新ジャンルを確立。今でも復活を願い続けるレバ刺しに筋子など"ちょっと黒みがかった赤い食べ物"に猛烈にひかれる傾向あり。座右の銘は「糖…

2019/6/21

全文を読む

<“時間”は料理をおいしくする最強の調味料>忙しい人、疲れた人のための「放置料理」レシピ【作ってみた】

『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』(小田真規子他/ダイヤモンド社)

 世の中的には、「時短料理」が主流になりつつありますが、忙しい日々の中で料理くらいはちょっと時間をかけて作ってみたかったりしませんか? でも、面倒くさいことや難しいことはいや…そんなわがままを叶えるのが『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』(小田真規子他/ダイヤモンド社)です。

 本書では、“時間”という、料理をおいしくする最強の調味料を武器に、放っておけばできる、テクニックいらずの簡単なレシピが紹介されていて、料理が苦手な人でも失敗知らずでおいしい料理が作れます。

 また、普通のレシピ本とは違い、まずおいしそうな料理漫画があるので、それを読んで「作ってみたい」とテンションを上げたあとに、実際にレシピを見ながら作ることができます。そこで、今回はこの中から、最小の手間で最大のおいしさが味わえる3品を実際に作ってみました。

1、自分で作れて感動!「チャーシュー」(P.98)

 豚肩ロースかたまり肉にフォークで50回ずつ刺してから、サラダ油をまぶす。これを常温で30…

2018/8/12

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる」の関連記事

どんなに料理が苦手でも大丈夫! 放っておくだけで泣くほどおいしい料理ができる“すごい”レシピ

『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』(谷口菜津子、小田真規子/ダイヤモンド社)

 テクニック不要の“すごい”レシピを紹介した『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』が2018年5月17日(木)に発売された。

 仕事に家事、育児など誰もがそれぞれ忙しい日々を送っているもの。しかし慌ただしい日々のなかで、料理まで急いで作るのは大変かもしれない。そこで同書では時間がない人にこそおススメしたい、急がずに作れるレシピの数々を紹介していく。  紹介されているレシピは、「お湯に入れる」「タレに漬ける」といったシンプルな調理工程のものばかり。どんなに料理が苦手な人でも、いきなり料理上手になれるはず。  料理をおいしく作るコツはただ一つ、「放っておくだけ」で良い。じつは「時間」は料理をおいしくする最強の調味料。基本的には放置しておくだけで、食材が勝手に変化してどんどんおいしくなっていくという。  とはいえ、いざキッチンに立つと考えると、ちょっとした「めんどくさい」を乗り越える決心が必要だろう。同書ではすべてのレシピをわかりやすく漫画化して、「…

2018/5/18

全文を読む

関連記事をもっと見る

放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ベーグルグル

手抜き大好きな私にはピッタリなタイトルにひかれて借りてきました。が、これはほったらかしをする前準備が結構面倒だし、これは料理をある程度していないと分かりづらそうな感じでした。【手間もなく、ほったらかしでも美味しい料理が出来る】が私には理想。それはただの手抜きか(笑)。気になったのはコンフィ、作ってみようと思ったのは千枚漬けだけ。

2018/11/07

assam2005

え?!サムゲタンって一般家庭で作れるの?チャーシューも、パンチェッタも、ツナも?「放っておくだけ」とあるのですが、モノによっては数日間「放っておく」ので、食べたくなったらすぐ、というわけにはいかないようです。ああ、サムゲタン、憧れのサムゲタン。だけど、鶏丸ごとが扱うのがちょっと…。料理としてのサムゲタンは大丈夫なのに、生の鶏丸ごとが触れないと作れないのだと気付きました。先ずはそこから克服か。ふと気づいたのだが、長時間火にかけるのならキッチンから離れられないな。結局時間があるときしか作れないかも。

2018/11/21

ユウ@八戸

朝ごはんシリーズで小田さんの料理が好きになったので、読みやすそうなこちらも買ってみた。うーん、チャーシューがめちゃめちゃ旨そう。全体的に材料多めで、家族がいる人やホームパーティする人向けにも見えますが、冷蔵・冷凍保存の目安が書いてあるのでお一人様でも安心。単純に材料減らしてもいいしね。『放っておくだけ』というより『置いておくとどんどん美味しくなりますよ』というようなレシピでモノによっては大変そうですが。美味しそう。パンチェッタとか初めて聞いたけど超食べてみたい。豚のかたまりが安い日に買っておかなきゃ。

2018/09/11

まはな

(図書館)うーん。気になる料理もあるのだけど、絵のせいなのかごちゃごちゃしてて作ろうという気がおきない。 コンフィとかはとても魅了的ではあるのだけど・・・ 期限がきたので返しましたが、また借りてみてどれか作るか検討しようかとは思っています。

2018/08/16

とめこ

調理過程が漫画で描かれているので分かりやすいし面白い。ただ私のようにマジで料理出来ない・しない人間からすると、最初から塊肉や丸鶏を扱うのは結構勇気がいる…そんな人向け?の放置レシピがあるのもこの本の良いところ。しらすのオイル漬けやフルーツアイスケーキからチャレンジしてみたい。

2018/06/09

感想・レビューをもっと見る