読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

子育てベスト100──「最先端の新常識×子どもに一番大事なこと」が1冊で全部丸わかり

子育てベスト100──「最先端の新常識×子どもに一番大事なこと」が1冊で全部丸わかり

子育てベスト100──「最先端の新常識×子どもに一番大事なこと」が1冊で全部丸わかり

作家
加藤紀子
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2020-06-11
ISBN
9784478107911
amazonで購入する Kindle版を購入する

子育てベスト100──「最先端の新常識×子どもに一番大事なこと」が1冊で全部丸わかり / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けいこ

巷に溢れている子育てに関する情報を、教育のプロでは無い著者が親目線でわかりやすく、客観的な立場でまとめたものだそう。すでに中学、高校生になろうとしている我が子にはちょっと遅すぎるかと思ったけれど、思考力をつけるにはとか、創造力をつけるにはの項目は意外にもまだ間に合う感じ。1冊読んでみて、子供と向き合い、話をきちんと聞き、認め、焦らず見守るという事がやっぱり1番大切だとあらためて思う。子育ては親育て。

2020/11/04

KOPE

子どもが2人いて、上の子はだいぶコミュニケーションが取れてきたので自分の中でブレない指針が欲しくて購入。知的、健康、運動など多岐にわたりてーまべつでイラストもついているのでわかりやすい。迷った時、立ち返りたい時にパラっと見て確認できるような手軽さがある。これから実践していきたいことがてんこ盛り!早速フューチャープランに子どもとやりたいことをメモ。親を楽しみたい。

2021/02/14

kota

心理学、論理学、栄養学などのさまざまな要素が取り入れられた子育て方法で、バランスが良いと感じた。参考になるところは取り入れていきたい。ただ、ベスト100の子育てをすべてできる親は限りなく少ない気がするし、ベスト100をすべてやったとしても良い人間に育つとも限らない気がする。結局のところ、本書のようなメソッド集で得られたナレッジを活用しつつ、子の特性を理解し、愛情と熱意を持って子育てに取り組むしかないかな。

2021/01/14

あべし

 子どもを育てていく上でのポイントを押さえた辞書的な本であった。必要な時に、自分の考えが正しいかどうかを確認するための書籍。そう捉えても良いと思う。数々の著名な研究家などによる成果をもとに述べられているので、十分信用できる内容となっているであろう。  視点も様々で、「コミュニケーション力」「思考力」「自己肯定感」「創造力」「学力」「体力」から構成されている。そのため、「こんな時」「どうする?」と調べることができる。  しかし、やはりこれまでの教育技術は凄かったとふり返ることができた。学んだ内容たくさん。

2020/10/17

まりこ

「現代の親は、多すぎる『子育て情報』におぼれている」ことから、本書は「一番子どものためになることを厳選」した「新しい子育ての教科書」という位置付け。あらゆる分野の他人の研究成果を整理してまとめてあるだけで、書かれてることはよく言われていることばかり。簡潔にまとめてあるので読みやすかったけど、流し読み程度の内容。図書館の予約数が多かったこともあり、期待値が高すぎた。

2021/05/19

感想・レビューをもっと見る