読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

医者が教える 女体大全 オトナ女子の不調に効く! 自分のカラダの「取扱説明書」

医者が教える 女体大全 オトナ女子の不調に効く! 自分のカラダの「取扱説明書」

医者が教える 女体大全 オトナ女子の不調に効く! 自分のカラダの「取扱説明書」

作家
宋美玄
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2020-08-20
ISBN
9784478110935
amazonで購入する Kindle版を購入する

「医者が教える 女体大全 オトナ女子の不調に効く! 自分のカラダの「取扱説明書」」のおすすめレビュー

「生理痛は温めて解決」は間違い!? オトナ女子の不調をスッキリ解決する最前線医学の知識

『医者が教える 女体大全 オトナ女子の不調に効く! 自分のカラダの「取扱説明書」』(宋美玄/ダイヤモンド社)  女性の身体には女性にしかない器官があり、女性にしか起きない現象がある。例えば、生理。生理前に心身が不安定になるPMSやつらい生理痛に悩まされ続けると、女であることが嫌になってくることもある。    そんな憂鬱な気分の時、きっと頼りになるのが『医者が教える 女体大全 オトナ女子の不調に効く! 自分のカラダの「取扱説明書」』(宋美玄/ダイヤモンド社)だ。本書は、誰に聞けばいいのか分からない“女性ならではの悩み”を解決してくれる1冊。    著者の宋さんは東京・丸の内にレディースクリニックを開業している産婦人科専門医。医学博士やFMF認定超音波医でもあり、女性医療の現場で活躍しながらテレビやネットなどで情報発信も行っている。    本書のきっかけは、現代の医学で分かっている正しい知識を世の女性に教えたいと思ったからだそう。私たちが雑誌やネットでしばしば目にする、女性の身体に関する「都市伝説」に鋭くメスを入れ、「本当のこと」を教えてくれる。

生理…

2020/9/17

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

医者が教える 女体大全 オトナ女子の不調に効く! 自分のカラダの「取扱説明書」 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

新刊。宋美玄先生は確かな知識でトンデモ説を否定しつつ最新情報をいつも提供してくれるので信頼しています。生理があるからこそ健康、ではなく近年は生理の回数が10倍以上になっていて負担がかかっていること、更年期の真実、女医や忙しい人が当たり前に実践している方法…など有難い情報が盛り沢山でした。経血カップやミレーナがとても気になる…ちょっとそこまでできないなあと思うものもありつつも、かかりつけの良い婦人科を見つけ、娘にも伝えて行こうと思うことだらけ。

2020/09/02

生理痛も昔から酷く、社会人になってからはPMSも酷いのでこの手の本は結構読んできていたのですが何と、根拠のない情報も結構載っていたということが発覚。真剣に辛い症状、ちょっとでもマシに楽になれるように何でも書いてたらやってみてしまうのもアレなんですが…。情報に振り回されないようにストレスフリーで生きていこうと思います。

2020/12/06

ユウ@八戸

図書館。10代20代の頃に読んでいたかった。「生理痛は我慢しても意味ないから鎮痛剤飲んで」「女性ホルモンとときめきは無関係」「プレ更年期という言葉はない」と、噂に振り回されがちな女性の体のことをしっかりと教えてくれます。まず子宮頚がん検診が大事、生理痛もひどかったら婦人科においでよ、と。ちょっとだけど、デリケートゾーンのケアアイテムが載ってるのも嬉しいですね。メーカー名がわかるとネットで探せるから助かる。

2020/10/24

チョビ

オカルト信仰のすごい日本女子(いや、女子と言わないと抗議してくる、西成あたりで豹柄きてるオバハンくらいの年代)向けのオカルト撤廃本。要するに「なんか悪いと思ったら病院来い!アホみたいなこと民間信仰糞食らえ!そのくらいなら保険外の検査の方がよっぽど有効!科学ブラボー🙌!」でした。まあ、婦人科医にそれ言われるとね…。まあ、それでオーストラリアくんだりまで行って謎の資格?とって開業?しながら…してる人を知ってるだけに、「うん、そうだね。」と思う。

2021/04/11

おーね

中学生からでも読んでほしいなあと思いました。

2021/01/27

感想・レビューをもっと見る