KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

伊藤忠 財閥系を超えた最強商人

伊藤忠 財閥系を超えた最強商人

伊藤忠 財閥系を超えた最強商人

作家
野地秩嘉
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2022-12-14
ISBN
9784478116814
amazonで購入する Kindle版を購入する

伊藤忠 財閥系を超えた最強商人 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Lara

財閥系商社とは成り立ちが違う。近江商人の繊維問屋が出発点。伊藤忠兵衛から、最近の丹羽宇一郎、小林栄三、岡藤正広、等々。巨額損失のツケを払った後、商社トップに躍り出る。経営者の戦略に従い、社員の地道な努力の継続もあったことでしょう。か(稼ぐ)け(削る)ふ(防ぐ)の経営施策、第8カンパニーの創設、なかなかユニークな視点に、気付かされました。著者も良くまとめられており、感心しました。

2024/02/26

はるわか

か・け・ふ:稼ぐ(堅実に前に進む)・削る(ムダを省く)・防ぐ(不測の事態になっても大丈夫なように日頃から仕事をチェックする)。特に防ぐを重視。東亜石油、不動産バブル、特金・ファントラでの失敗の教訓。今の伊藤忠は「防ぐ経営」。粗利は高かったため、経費を削り、特損を防ぐ(岡藤正広)。2021年3月期、時価総額、株価、連結純利益で総合商社ナンバーワンに。タイ(CPグループ)と中国(CITIC)への巨大投資(2014-15年)。

2023/04/06

templecity

旧財閥系の商社が政府の払い下げ資産で発展できたのに対し、繊維系商社は独自でビジネスを開発してきた。背広にブランド名をつけたのも伊藤忠のアイデア。社長に権限を持たせて損切などの判断もしっかり行ってきた。瀬島龍三による戦略的な組織構築もあった。正に知力と行動力が商社の原動力である。

2023/06/12

suzuki s

オーディオブック。 伊藤忠の歴史や実線の話。 社員を大切にしていることが1つのポイントになっていると感じた。

2024/04/07

Tanaka

岡藤さんのカケフ。これを自分の職場でも実践してみようか。稼ぐ、削る、防ぐ。わかりやすくて参考になりました。 伊藤忠がいかに業績を伸ばしたか、大変面白かったです。

2024/04/06

感想・レビューをもっと見る