読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世界を変えるお金の使い方

世界を変えるお金の使い方

世界を変えるお金の使い方

作家
山本良一
Think the Earth Project
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2004-12-11
ISBN
9784478871034
amazonで購入する

世界を変えるお金の使い方 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

シン

100円あれば世界で何ができるのかという本。 多くの人に読んで考えるきっかけにしてほしい1冊。 特に子どもに読んでみてほしい。

2010/02/27

やもち

興味があったり協力したい、100円単位でできることもたくさんあるけど、なかなかアクションを起こせないわたし…。なんとなくめんどくさいのと、効果や成果を実感することがなかなかできないのと。関心の持続が大切。お財布を通じた投票活動は少し意識してみようかな。

2014/12/02

myu

はじめは予想していた内容でこれは失敗したかと思ったけど,読み終わってみればなるほど確かに,と思えるタイトルと内容でした.1万円以上と寄付はムリーっと思ったら,商品を購入することでも良い企業に投資し,世界を変える第一歩につながる…という流れで,グイグイ引き込まれていきました.「お金を投票するために使う」とは,新たな視点!一方で消費しすぎやろ,とかそれほんとに必要なん?みたいな日々ちょっとずつ違和感がすることについての問題提起が章と章の間に挟まれていて,非常に示唆に富む本でした.

2013/07/19

すのう@中四国読メの会コミュ参加中

700円で20個のおにぎりを路上生活者に提供できる。30,000円でいじめや虐待、暴力から逃げられず、路上にしか逃げ場がなくなってしまった子供が、一週間の安全な居場所を確保できる。(4人の子供の生活費とシェルターの家賃約50万円/月)200円で路上生活者からストリートペーパーを買うと、110円が彼らの収入になり、自立に向けた足がかりになる。使い方によって、お金って変わるものですね。

2013/03/11

もとこ

ほとんど意識したことがなかったけれど、消費という行動ひとつにもいろんなアプローチがあるのだなぁと認識できた本でした。自分の財布の中のお金が、どういう経路をたどってきて、どこへいくかを考えるだけでも、使い方は変わるだろうな。

2011/05/07

感想・レビューをもっと見る