読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

エロスのお作法 (だいわ文庫)

エロスのお作法 (だいわ文庫)

エロスのお作法 (だいわ文庫)

作家
壇蜜
出版社
大和書房
発売日
2014-04-12
ISBN
9784479304760
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「ゆっくり動くと殿方は目が離せなくなります」「殿方に触るスキを与えるため、目の前で身繕いしてさしあげます」「飾りすぎた装いは、殿方が触りにくくなるものです」「『初めて』より『2回目』のほうが心を揺さぶります」 共演する男性をことごとくメロメロにする奥義を、あますところなくすべて収録。壇蜜が書く恋愛指南書!

エロスのお作法 (だいわ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

混沌

日曜日の1時間ちょっとだけの仕事の後、本屋を4つはしごし、すでに5冊買っていたのに、地元書店にさらに寄り、そうだ、壇蜜の本をチェックしなきゃと検索機にしがみつく。無難にいけば『壇蜜日記』かと思ったいたところ、扇情的なタイトルに飛びつく。まずはこっちだろ。だいわ文庫ならまずハズレないはず。うわ、表紙。パラパラっとめくると、うわ、うわ。「殿方に触るスキを与えるため、目の前で身繕いをしてさしあげます。」の文字とともに写真が、そそる、そそる、まさにエロス。ぜひあなたも実物をチェ

2018/01/22

Aster

知性は色気。そう思えます。壇蜜さんは、女性にも支持されていると思っています。これを読むと、なぜか丁寧語になってしまうのです。

2016/02/07

Aster

プロとしての意識の高い人だな。女性向けの恋愛指南書らしい。グラビアを決心した時の、おばあ様の言葉と、檀蜜さんのオフショットに対する一言が良い。

2015/01/16

Aster

壇蜜さんは、頭の良い方だと思います。知性と品性を感じました。この本を読んだ後は、丁寧な気持ちになります。

2015/11/15

びびとも@にゃんコミュVer2

こだわりのある女性で面白かった。 とかく恋愛は自分が、自分がになりがちだけど、的を外さない(ここが難しい)思いやりが大事だなー。 ちらっと触れられているホステス時代とか、葬儀社務め時代とかの話も面白そう。

2014/10/30

感想・レビューをもっと見る